« 公共交通機関無料ディで大混雑 | メイン | iPhone、実は524ドル? »

2008年06月20日

カリフォルニアで蛾の殺虫剤散布を中止

農産物に害のあるBrown Apple Mothという蛾の種類を殺す防虫剤の散布について、散布を受けた地域の人や小動物が具合が悪くなるの苦情で州を相手取り各地で反対活動が行われてきたが、シュワ州知事は問題のある殺虫剤の散布を中止し、今後は別の種類の蛾を放す方法での蛾退治対策に切り替えることを発表した。

関連記事
シリコンバレー地方版: サンタクルーズ、州の殺虫剤散布にストップ
散布後に気分の悪くなる人が各地で相次いだため、住民が中止を訴えているApple Mothという蛾の種類を殺す殺虫剤の散布について、サンタクルーズカウンティの裁判所は州の「人体への被害とは関連付けられない」という調査結果を退け、徹底した調査が終了 ...


シリコンバレー地方版: 蛾の殺虫剤散布に反対するグループが抗議活動
2008年3月11日 ... 2000種以上の果樹植物に大きな被害をもたらしている蛾の一種、light brown apple mothを駆除するために州が行っている殺虫剤の散布が、蛾だけでなくペットや人体にも害を与えているとして、詳しい科学的調査を行うまで散布を中止するよう ...

シリコンバレー地方版: 州の殺虫剤散布に住民の強い反対
カリフォルニア州の農業食料局が行っている、蛾を殺すための殺虫剤の広域散布が原因で周辺の住民の健康を害しているとして、昨日サンフランシスコで行われた公聴会に出席した多くの住人が殺虫剤の人体への安全性について疑問を投げかけ、中止を求める発言 ...


蛾退治に他の蛾(sterlie mothと書いてありますから繁殖機能のない蛾?)を放すなんてなんか本末転倒というか、生態系を乱すというか、大自然様のお怒りを買わないとよいのですが。

投稿者 Editor : 2008年06月20日 07:52



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/557