« パロアルトのセブンイレブンから高額宝くじ当選 | メイン | オークランドの学校で児童が死亡 »

2009年02月24日

ホッケー練習中に二人が死亡

アイスホッケーの練習中に一日に別の試合で二人が死亡する事故があった。事故があったのはサンノゼのシャークスのリンクで地元のアマチュアホッケーリーグの練習試合が行われていた。最初の事故は夜9時過ぎに、チームMug ShotsとA Teamの試合中、Mug Shotsのメンバーの一人、Brian Kobata(38)がゴールを決めた直後に倒れ、その場でCPRがおこなれ、病院に運ばれたが病院で死亡した。次の事故は午後11時15分頃同じリンクで練習中だったKelly Calabroが背中から倒れて死亡した。詳しい死因に着いてはまだ明らかにされていない。
サンノゼシャークスのリンクは全米でも最大規模のアダルトホッケーリーグの練習場となっており、3,000人が利用している。ホッケー中の事故で救急車が呼ばれる事は1年半に1度程度。


ホッケーやってるお父さん、多いですよね。

投稿者 Editor : 2009年02月24日 08:50



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1268