« オークランドの学校で児童が死亡 | メイン | サンフランシスコクロニクル、経営難深刻で売却も検討 »

2009年02月24日

カリフォルニアでマリファナを合法化し課税する法案が出される

州の民主党議員、Tom Ammiano(サンフランシスコ)は、カリフォルニア州の赤字対策として、マリファナの売買を合法化し、1オンスあたり50ドルを課税するという法案を州議会に提出した。法案ではマリファナの販売はライセンスを必要とし21歳以下には販売してはならないとしている。提案したAmmiano議員はこれにより130億ドルの税収が見込めるとしている。


現在の末端価格がいくらくらいで、年間どれくらいの量が闇で取引されているのか知りませんが、割り算してみると175万パウンドくらいの取引を見込んでいるということですね。1オンス50ドル課税する事で流通が減るとみるか、合法化される事で逆に増えると見ているのかはわかりません。後者かな。

投稿者 Editor : 2009年02月24日 09:03



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1270