« サクラメントで豚インフルエンザの疑い、念のため休校 | メイン | サンノゼの大食いプリンス、ファンネルケーキでも優勝 »

2009年04月27日

クレジットカード使用時にIDを求められても提示の義務なし

今日はマーキュリーニュースの読者相談室のネタを紹介します:

■ 質問:クレジットカードで支払いをする際にIDの提示を求めるお店があるけれど、先日断ったら買物を拒否されました。これってアリ?

回答:小売店などではクレジットカード会社との間で、決済時にIDの提示を強制してはならないという契約になっています。従って、提示を求める事はできてもIDが無かったためにクレジットカードの利用を拒否する事はできません。ただし、安全のためとして裏面に署名をしないままクレジットカードを使用している人がいますが、これはお店側で使用を拒否する事が出来ます。

■ 質問:この間広告の品が売り切れていたのでお店にレインチェックを求めたところ、「その商品についてはレインチェックは発行しません」と断られました。レインチェックを発行する基準ってあるんですか?

回答:広告の品が売り切れの際に、次回入荷時に広告の価格で購入できることを保証するレインチェックですが、これはお店のサービスであり法律で義務づけられているものではありません。ただし、特売品の広告を出す際には、十分な在庫を用意するか、「数に限りアリ」と明記することはカリフォルニアの法律でお店に義務づけられています。


投稿者 Editor : 2009年04月27日 07:29



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1429