« 【EVENT】ファニメコン2009、いよいよ今週末 | メイン | カウンティ、5月31日に新型インフルエンザの非常事態終了を宣言 »

2009年05月20日

サンノゼ、節水対策で8AM - 6PMスプリンクラー禁止に

カウンティ全体でこの夏15%の節水を目標としている中、サンノゼ市では具体的に節水を実現するために以下の市条例を市議会で可決した。

・一般、公共、企業に限らず、日中のスプリンクラーによる水撒きは禁止。スプリンクラーは午後6時から午前8時の間に。

・一つのスプリンクラーについての水撒きは15分を超えてはいけない。

・ホテルは利用客に対して、「タオル等のリネンを洗わなくても良い」事を示す手段を提供しなければいけない

・San Jose Municipal Waterの利用客11万5千人に対して、個別にこれまでの利用量から15%削減した「目標値」を設定する。目標に達しなかった場合のペナルティは実施しない。

水撒きについては、違反している住民をパトロールするのは費用がかかるため、あくまで市民の協力を求める形で、ご近所さんから通報があれば協力を求める通知を発送するという対策。サンノゼは昨年の節水キャンペーンで10%節水を呼びかけ、実質9.5%節水に成功した実績がある。今回はさらに5.5%を節水するために上記のような対策が決まった。


市によって、節水の徹底の方法は異なってきますが、カウンティで15%の節水が必要なわけですから、サンノゼに限らず、サウスベイに住んでいる人は上記程度の心がけが必要ということですね。

日中を避けた芝生の水やりは節水になるばかりでなく、強い芝生を育てるためにも早朝の水やりが良いとされています。夜の水やりは病気や害虫を誘いやすいそうです。

また、家庭のスプリンクラーでは水圧を一定にするために、複数のブロックにわけて水やりをするわけですが、このトータルが15分というのではなく、一つのスプリンクラーについて15分ですから、これも水量にもよりますが十分でしょう。我が家は現在7分の設定で回しています。

投稿者 Editor : 2009年05月20日 07:01



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1524