« スタンフォード学生が路上で襲われ金品を奪われる | メイン | 【EVENT】 KEIZAI SOCIETY U.S. - JAPAN BUSINESS FORUM »

2009年06月26日

公害対策:ポンコツ車1000ドルで買います

ベイエリアの大気を管理するBay Area Air Quality Management Districtでは、古い自動車の排気ガスによる大気汚染を削減するために、1989年より古いモデルの乗用車及びピックアップトラック、SUVを1000ドルで買い取るキャンペーンを始めた。これは、これまでの1987年前のモデルを650ドルで買い取るキャンペーンの対象を拡張したもの。
条件は、サンタクララ、サンマテオ、アラメダ、コントラコスタ、マリーン、ナパ、サンフランシスコのいずれかのカウンティに登録された車で現在走行が可能であること。買い取った車は廃車される。
計算に寄れば、1トンのスモッグを削減するのにかかるコストは、BARTの無料乗車デーでは34万2千ドルだが、ポンコツ車の買い取りでは12,903ドルで済むという。


買い替えの予定がある人は慌てて1000ドルで売らずに、昨日オバマ大統領がサインした低燃費中古車買い替え補助制度、Cash for Clunkersに該当するかチェックしてからにしましょう。燃費が10mpg以下なら、買い替え補助金が4500ドルまで出る可能性があります。

http://www.cashforclunkersfacts.com/

投稿者 Editor : 2009年06月26日 06:51



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1657