« 新型インフルエンザでベイエリア初の死亡ケース、Concordの9歳少女 | メイン | ショアラインでの暴動事件で、参加者がチケットの返金とセキュリティの強化を求める »

2009年06月05日

サンノゼとサニーベールでウエストナイル感染の鳥の死骸が見つかる

サンノゼとサニーベールで見つかったカラスの死骸がどちらもウエストナイルに感染していた事が確認された。サンタクララカウンティでは今年初めてのウエストナイル感染の確認となった。ウエストナイルウイルスは蚊により媒介され、人間にも感染し死亡に至るケースもある。このため、カウンティでは毎年蚊を幼虫のうちに殺す殺虫剤の空中散布などを行っている。ウエストナイルの広がりは、感染して死んだ鳥の死骸を調べる事で確認できる。
道ばたなどで鳥の死骸を見つけた場合は、手に触れずにカウンティの害虫駆除(Vector Control)へ連絡を。

投稿者 Editor : 2009年06月05日 07:34



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1584