« SF市、吸い殻掃除にタバコ一パック20セント課税 | メイン | ジム更衣室から車の鍵等を盗んでいた二人組を逮捕 »

2009年07月08日

久保香穂さん、地元紙で紹介される

kubo
自らも自閉症の子育てを続けながら、日米で複数のボランティアに活動を行い、2008年には「社会ボランティア賞」も受賞されている久保由美さんの娘さん、香穂ちゃんがサンノゼマーキュリーニュースで大きく紹介されていました。

Prospect High grad Kaho Kubo does more than slide by on the trombone

記事を訳して紹介しようと思っていたんですが、私がさぼっている間に由美さんのブログに全訳が出ていました。

香穂がSan Jose Mercury Newsに掲載されました。

いつも忙しいのに活動的な由美さんはすごいと思っていたら、香穂ちゃんも大した物ですね。


"She's an exceptional kid that has an incredible amount of determination. The experiences that she's had have turned into a passion for her to help others," he said. "The ability to be able to juggle all those things and be successful at them is what impresses me most about her."

記事の中でインタビューを受けた学校の音楽の先生のコメントですが、アメリカの先生は人を褒めるのが上手というのを考慮した上でもこのベタ褒めようです。同じシリコンバレーで頑張っている日本人の子供がこのように評価されて新聞に掲載されているというのは、とても誇らしいです。

香穂ちゃん、夢の実現を目指して大学でも頑張ってください。応援してます。

投稿者 Editor : 2009年07月08日 07:26



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1697