« サンノゼにラスベガススタイルの総合カジノ施設か | メイン | 17,600ドルのディナーメニュー »

2010年05月26日

金門橋ナンバープレート、予約集まらず実現せず

カリフォルニア州のスペシャルライセンスプレートとして、ゴールデンゲートブリッジがデザインされたプレートと、熊の絵柄のシエラネバダプレートの2案が予約を受け付けていたが、スペシャルライセンスプレートの発行に必要な予約数が集まらずキャンセルされることとなった。新しい図案が実現するためには、最低7,500枚の申込みが必要とDMVの規定があるが、ゴールデンゲートブリッジのデザインは550枚、シエラネバダのデザインには278枚しか予約が集まらなかった。これらの特別デザインのプレートは追加料金の一部が関連する団体への寄付となる仕組みで、ゴールデンゲートブリッジはベイエリアオープンスペースプロジェクト、熊プレートはシエラネバダ自然保護財団の資金源として期待されていた。
カリフォルニアにはすでに、ヨセミテ、レイクタホ、海洋生物保護などのプレートが存在する。

投稿者 Editor : 2010年05月26日 06:56



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/2901