« サンタクララ水道局、節水条例を継続 | メイン | 旅客機の着陸を助けたフライトアテンダントが記者会見 »

2010年06月17日

サンノゼでの戦闘機低空飛行、海軍の演習と判明

先週、2台のF-18戦闘機がサンノゼダウンタウンの上空を低空飛行し、住民を驚かせた件について米海軍は、サンノゼ国際空港への夕刻着陸を想定した演習だったと発表した。戦闘機は海軍のチャイナレイクの基地から出発し、午後8時頃サンノゼ上空を低空飛行した後、着陸せずに迂回して基地に戻っている。サンノゼ空港及びモフェットフィールドには事前に連絡が無かった。戦闘機は、地上400メートルの高さを時速322マイルで轟音を轟かせて飛行した。民間機に対しては、1万フィート以下の高度では時速287マイル以上出してはいけない規則があるが、軍用機には適用されない。

シリコンバレー地方版: F-18戦闘機がダウンタウンを超低空飛行

投稿者 Editor : 2010年06月17日 05:17



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/5536