« 294世帯が爆破後始めて家に戻る | メイン | サンノゼ消防士の三分の二が遠距離通勤 »

2010年09月13日

ガス爆発と同じ場所で2008年に下水管工事

サンブルーノでのガス爆発の原因を調査する中で、爆発のあった同じ交差点で2008年に老朽化した下水管を入れ替える工事が行われていたことが分かった。工事では下水管を全て掘り起こす代わりに、古い下水管を引きずりだして、新しい下水管を引きこむ”パイプバースティング”という工法が取られており、作業時に強い振動を伴うことが知られている。下水管は今回爆発のあった交差点でちょうどPG&Eの高圧ガス管とこうさしている。工事の前後に安全調査を行ったPG&Eでは問題は見つからなかったとされている。またこの工事の一年後にも、現場では定期安全検査が行われているが、問題は見つからなかった。
カリフォルニア州はPG&Eに州の全てのパイプラインの安全性の再確認調査を実施するように要請した。

投稿者 Editor : 2010年09月13日 07:21



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/5831