« カリフォルニア高校必須科目から外国語を外す法案 | メイン

2010年09月30日

ロスアルトスの男、サンブルーノ被災者を装いPG&E負担でホテル暮らし

ロスアルトスに住むDaniel Stansbury(51)が、サンブルーノガス爆発の被災者を装い、一時金を受け取った上にPG&E負担でホテル暮らしを続けていた事が明らかになった。Stansburyは事故直後にサンブルーノの救済センターを訪れ、異なる偽名を使って2度に渡り一時金合計2000ドルをギフトカードで受け取った上に、サンフランシスコ空港ヒルトンに9日、サンノゼヒルトンに4日間いずれもPG&E負担で滞在していた事が明らかになった。ホテル間の移動もPG&Eの提供したレンタカーを使用していた。逮捕時に現金5900ドルを持っており、他にも義援金等をだまし取っていた疑い。

投稿者 Editor : 2010年09月30日 06:56



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/5895