« 32歳の娘が婚姻届を出したことで26年前の誘拐犯である母親が逮捕される | メイン | SF、パーキングメータの料金の高さで全米3位に »

2010年10月07日

バークレイ市、マウンテンライオンとの共存を目指す

バークレイのLawrence Berkeley National Laboratoryでは、マウンテンライオンの目撃や鹿などが襲われる被害が相次いでいるが、先月住宅地でマウンテンライオンが射殺された際に住民からの抗議が相次いだこともあり、バークレイ市はマウンテンライオンをそのまま放置し、共存する道を選択した。専門家によれば、このエリアでは野生の鹿が増えており、マウンテンライオンが鹿を捕食するのは自然の摂理にかなっており、人間がこのサイクルを壊す理由は無く、襲われないように注意することで共存は可能という。

投稿者 Editor : 2010年10月07日 08:07



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/5920