« 13才少女がネットで知り合った男性と家出、アンバーアラート | メイン | 百日咳感染件数6257件に »

2010年10月27日

絶滅したはずの南京虫(トコジラミ)、フレズノでも被害

bedbug
アメリカでは20年以上前に絶滅したはずの Bedbug(南京虫:トコジラミ)が最近になり、旅行者が持ち込むなどの原因で各地で被害が報告されている。最近の南京虫は常時適温のパソコンや携帯電話など中に巣を作る傾向が見られるという。発見は主に飛行機のシートやホテルのベッドが多かったが、最近になりフレズノ市の害虫駆除業者に主に民家からの駆除の依頼が急増しているとFresnoの地元紙が伝えた。San Joaquin Valley Pest Control によれば、例年では南京虫駆除な年間2−3件なのに対して、先月一ヶ月だけで40件の依頼をうけているという。

投稿者 Editor : 2010年10月27日 07:11



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/5988