« サメに襲われ19歳少年が死亡、ビーチ閉鎖へ | メイン | パロアルト市議会、高速鉄道駅に反対 »

2010年10月26日

ベイブリッジのS字カーブは設計ミス、事故ドライバーの家族がClatranを相手取り訴訟

ベイブリッジのS字カーブが曲がりきれず、橋から転落して死亡したトラックのドライバーの家族が、橋の設計に問題があったとして、Caltranを相手取り損害賠償を求める訴訟を起こした。家族の弁護士によると、通常このような橋にS字カーブを設けることは安全上の問題があり、多くの事故がそれを証明している。また、事故後に注意を促す標識が新たに設置されたのは、標識が足りなかったことを認めたことになるとしている。
CHPはこの事故について、トラックが積載量をオーバーしていたことやスピード違反をしていたことが直接の原因と発表した。

bridge

投稿者 Editor : 2010年10月26日 07:02



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/5986