« サンノゼ発の機内で自殺未遂、アルバカーキーに緊急着陸 | メイン

2010年12月09日

SF市のレインボーフラッグ、老朽化するも付け替えられず

FLAG
サンフランシスコのカストロストリートなどで20カ所で、街路灯に吊るされたレインボーフラッグだが、設置されて10年近くたつために色あせたり、取り付けた金具が壊れるなどメンテナンスが必要になっているにもかかわらず公式には市がメンテナンスをできない状態であることが問題になっている。街路灯の旗は、イベント等の際に一時的に掲揚が認められるもので、レインボーフラッグも当初はテンポラリーだったものが、そのまま取り外す機会がなく、市が黙認した状態のまま今日に至っている。そのため、一旦取り外すと改めて掲揚する事が出来ない上、メンテナンスの予算などのも準備されていない。

投稿者 Editor : 2010年12月09日 08:33



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/6115