2010年05月20日


ipad
アップルがiPadの販売をキャッシュカードでの購入に限定していたため、現金で店頭で購入しようとした女性が販売を拒否された件をABC7ニュースが報じたところ、アップルはポリシーを変更し現金での購入を可能としたうえで、この女性にiPadをプレゼントした。
アップルがiPadを現金で販売しなかったのは、海外での未発売のiPadを大量に購入して輸出する業者があったためで、キャッシュカードに限定することにより一人2台以上購入する事ができないように制限していたため。海外での発売時期も迫り、現時点でのアメリカでの注文後納期が1週間〜10日と、アメリカで購入して輸出するメリットが無くなったためポリシーを変更したとも考えられる。


2010年05月13日


adobe
本日のマーキュリーニュースにAdobeが一面広告を掲載した。内容は、スティーブ・ジョブスがアップル社のホームページに掲載した、Thoughts on Flashへの反撃とも取れる内容。タイトルこそ「WE LOVE APPLE」だが、その後には、「クリエイター自由を奪うものはキライ」とFlash排除への批判が込められたツンデレメッセージとなっている。

WE LOVE APPLE

We love creativity
We love innovation
We love apps
We love the web
We love Flash
We love our 3 million developers
We love healthy competition
We love touch screens
We love our Open Screen Project partners
We love HTML5
We love authoring code only once
We love all devices
We love all platforms

What we don't love is anybody taking away your freedom to choose what you create, how you create it, and what you experience on the web.

Adobe


San Jose Mercury News | San Jose Announcements - Announcements & Corrections - Adobe


2010年04月30日


iphone
アップルの社員が紛失した発表前の新型iPhoneが、ブログ記者の手にわたり公開されたことで、担当の記者の自宅が家宅捜査されるなどの騒ぎになっている中、最初にバーでiPhoneを発見し5000ドルと引換にGizmodoに渡した第一発見者が名乗り出た。発見者はレッドウッドシティに住む21歳のBrian Hoganさん。Hoganさんは、弁護士を通して捜査に協力する準備があること、また拾得物を売却したことについては後悔していることなどを発表した。

iphone

「うわ、スッゲーもん拾っちゃったよ」
「それ、高く売れんじゃね?」
「とりあえず、Engadgetと Gizmodoにコンタクトしてみよ」
「売れた〜」

後日

「なんか、あの記者の人の家、家宅捜査されてるよ」
「情報提供者の身元は明かさないって約束だけど大丈夫かな」
「まずいんじゃね?」
「弁護士に連絡しとこ」

てな感じですかね。


2010年04月13日


サンフランシスコ空港の税関で台湾からの航空貨物の中から2000台の偽iPhoneが発見された。偽iPhoneは本物そっくりにできていたが、バッテリーの取り外しができるようになっているなど、一部本物には無い機能が見受けられたため、係員が鑑定依頼を出していた。SIMフリーの偽iPhoneは末端で600ドル前後で取引されており、総額は120万ドルに及ぶ。

以下のビデオはよくできたコピーiPhoneの一つ。外見はそっくりだが、数々の「おまけ」機能が見受けられる。


2010年03月19日


Apple
アップル取締役ののジェローム・ヨーク氏が18日、自宅で倒れて死亡した。71歳、脳出血で治療中だった。ヨーク氏はクライスラー、IBMなどのCFOとして企業再建に貢献しており、97年にジョブスによりアップルの取締役に迎えられた。アップルでは同社のトップページに追悼のメッセージを掲載している。