2010年08月09日


現在、サウスベイの主な高速道路のカープールレーンは一般車線から何処でも自由に車線変更して乗り降りができるようになっているが、来月のI-680を皮切りに、カープールレーンへの車線変更ができる箇所を限定するLAスタイルが段階的に導入されることになった。サウスベイではどちらの方式のほうが安全性が高いかについて、これまで議論が繰り返されており、最終的にはUCバークレーの調査で、車線変更区間を限定するLAスタイルのほうが、結果としてカープールレーンと一般車線の速度差を広め、大きな事故につながりやすいと結論した。
にも関わらず、事故の危険の高いLA方式が導入されるのは、単独ドライバーに有料でカープールレーンを走行させるには、課金方法の関係からカープールレーンへの乗り降りを料金所に限定しなければいけないため。


2010年08月03日


Caltransは総額1300万ドルをかけたI-80の再舗装工事を今週からスタートする。工事が行われるのは、I-80のDavisからDixonの区間で、主に夜7時から翌朝6時にかけて車線規制やランプの閉鎖が実施される。

pave80

Caltrans District 4 | Solano County Interstate 80 Pavement


2010年07月22日


Caltransでは3年間と750万ドルをかけたダンバートンブリッジの耐震補修工事について、今年の8月までに業者を入札で決定し、9月から工事を開始する計画を発表した。工事期間中は断続的に車線規制、通行止めなどが実施される予定。現在、計画されている通行止めはメモリアルデーとレイバーデーの週末で最大79時間、橋が全面通行止めとなる。


2010年06月07日


alviso
サンノゼのAlviso Marina County Parkで25年ぶりにレクリエーションボートのための船着き場が一般に開放された。これはAlvisoエリアを昔のように船舶のゲートウエイにしようというプロジェクトの第一弾で、今後はボードウォークや駐車場などを充実させて行く。新しくできた船のローンチエリアからはカヤックはボートからエンジン付きの小型船までを進水させることができる。


2010年05月25日


本日5時半にSFOに到着予定のオバマ大統領の移動スケジュールにあわせ、サンフランシスコの各地では今晩から明日にかけて交通規制が予定されている。

午前11時より明日水曜日まで以下の道路が通行止め
・4th Street from Market Street to Mission Street
・Mission Street from 3rd Street to 4th Street

これにSFMTAの以下の路線で遅延が予定されている。
・路面電車Line F
・バスルート:5, 8, 8X, 8AX, 8BX, 9, 9L, 14, 14L, 14X, 21, 30, 31, 38, 38L, 45, 91
President Obama Visit, May 25-26, 2010

また、これ以外にもセキュリティ上の理由で公式にされていない場所、時間で移動のため交通規制が敷かれる予定。今晩はジャイアンツ戦も重なるため、101サンフランシスコ周辺は渋滞や通行止めを予測して行動する必要がある。


2010年05月24日


VTAがサンタクララカウンティの有権者800人を対象に行った調査では、回答者の59%がカウンティ内の道路を修繕するために自動車登録税が10ドル値上がりする事を容認する考えを示した。VTAではこの調査結果を元に値上げを11月の住民選挙にかけるかどうかを検討する。


2010年05月18日


昨夜10:30過ぎにI-880のオークランドで大型トラックがコントロールを失い中央分離帯に衝突した事故で、道路が4時間に渡り通行止めとなたが、今朝未明事故の処理が終了し全車線が開通している。


2010年04月12日


CHPは今朝5:15分、ベイブリッジとリッチーモンド・サンラファエルブリッジに強風注意報を発令した。橋の上では風速40mphを超える突風の吹いている箇所もあるため、走行には注意が必要。また、0.5インチ台のあられが振る可能性もあり、こちらも注意が必要だ。



walnut

ウォルナットクリークでのMt. Diablo Blvdで雨のためにハンドル操作を誤った乗用車が道路の脇を流れていたウォルナットクリークに車ごと転落。雨のため水が増していた川で300フィートほど車が流された後、一人は車内で溺死、車から這い出した女性はそのまま急流に2マイル程流され、約30分後に下流でヘリコプターで救出された。三人目の男性はまだ行方が分からず、捜索が続けられている。
流された女性の救出は急流の上に、日が落ちた事もあり困難を極め、救出にあたったレスキュー隊員もヘリから吊るされた状態で水を飲むなどして病院で治療を受けた。


2010年04月09日


今朝6時過ぎにサンマテオブリッジで大型トラックを巻き込む追突事故があり、医療用のヘリコプターを着陸させるために両車線ともに一時的に閉鎖され、朝の通勤とも重なり渋滞となった。


2010年04月05日


赤字財政の州の財源として年々値上がりの続く交通違反反則金。5年前の2005年と比べても1.5〜2倍になっている違反も多いようです。赤信号右折での一時停止違反でもiPadの一番安いのに手が届きそうです。安全運転で行きましょう。
交通反則金
違反反則金
赤信号無視$446
カープール違反$445
スピード違反(高速道路を81mphで走行)$331
運転中の携帯使用$141
保険証書不携帯$825
バイクレーンをブロック$211
整備不良(ライト切れなど)$25
6歳以下の子供を車内に置き去り$445
クロッシングガード(緑のおばさん)の指示を無視$255
一時停止違反$211


サンフランシスコ出身の元弁護士が、タホ湖で水上バスのビジネスの許可を申請している。路線は、タホ湖の北西岸を結ぶキングスビーチとタホ市の間を一日24便、南岸には一日4便を走らせる予定。使用するのは9人乗りのディーゼルボートで、以前に駐車スペースの問題などで実現しなかった大型船より規模を縮小した。実現すればシーズン中のタホ湖周辺道路の渋滞解消に効果が期待できるとしている。


2010年04月02日


今朝6時半頃、カルトレインのサンブルーノ駅で人身事故があり、影響でダイヤに遅れが出ている。事故の詳細は発表されていない。


2010年03月22日


ペニンシュラからイーストベイの各市では交差点の赤信号での右折時に完全に一時停止をしない、「カリフォルニアストップ」を取り締まるためにカメラを導入、信号無視の検挙数が急増している。南サンフランシスコでは1月と2月に信号無視で切符を切られた672件のうち、赤信号右折に関する違反が98%を占めた。反則金は最大550ドル。
厳しい財政状況の各市では、カメラの設置だけで捕まる違反による反則金を収入源として設置を進めており、サンタクララカウンティにも今年後半から導入が始まる予定で、サンノゼではすでに3カ所の交差点でテストが始まっている。
カメラは動画処理を行っており、赤信号時に完全に停止しない「カリフォルニア・ストップ」を自動検知、交通違反のメールにはオンライン上で確認できる違反動画へのリンクも添えられるため、言い逃れはできない。


2010年03月17日


baybridge
今朝5時頃、ベイブリッジで突然街路灯の電気が停電しブリッジが真っ暗になる騒ぎがあった。ベイブリッジを管理するCaltransでは停電の原因を調査し普及に務めたが、先に明るくなった。停電は料金所やメーターには影響が無く、特に混乱や事故も無かった。


2010年03月08日


モントレーとサンルイスオビスポをつなぐ1号線で落石があり道路が遮断されて通行止めとなった。週末と重なったため、現場近くでは警察の誘導で一台ずつ通過する順番を待つのに2時間以上の渋滞ができた。完全復旧の見込みはまだ立っていない。