2010年04月29日


先日行われたセンサス調査で、カリフォルニア州は調査用紙の回収率が悪く、平均以下のワースト5州に含まれていることが分かった。最終的な結果次第では、議会での議席数を失う可能性もある。センサスでは今週土曜日から調査用紙を返送しなかった家庭への個別訪問が始まる。カリフォルニアの他に回収率が悪かったのは、ニューヨーク、テキサス、アリゾナとフロリダ州。ニューヨークでは特に回収率が悪く、2議席削減の可能性もある。


2010年04月23日


カリフォルニア州では今年に入り219人が百日咳に感染し、すでに二人が死亡している。昨年の同時期には感染者は118人で約2倍の勢いで広まっている事から、注意が呼びかけられている。百日咳の予防接種は就学時に義務づけられているが、成人してから移民した人などで免疫を持っていない親が妊娠し、感染した子供が死亡するケースが出ている。


2010年04月15日


カリフォルニア上院議員のJoe Simitian氏は議会に児童が義務教育を開始する年齢を三ヶ月引き上げることを提案した。これまでは、12月2日の時点で5歳を迎える児童がその年の9月からキンダーガーテンへの入学を認められていたが、これを9月1日まで三か月引き上げるもの。これにより、減少した児童数で7億ドルが節約される他、学校教育への準備が十分になってから入学することで児童や教師への負担も軽減されるとしている。
この案にはすでに教育関係者の多くが賛同しているが、一部では節減された教育費の用途が特別教育等一部の住民しか恩恵が受けられないことに反対するグループもある。法案が可決されれば8月末までにシュワ知事の署名を受ければ採択となり、2012年から実施される予定。


2010年04月07日


今年は、寒い冬が長く続いた影響で各地で苺が豊作となっている。特にフロリダで春の到来が遅れた事が原因で苺が大量に収穫され、全米のマーケットで苺の価格が下落する状況となっている。


2010年04月06日


カリフォルニア州でUSCとLA Timeが合同で行った1,515人の有権者を対象にした調査では、「テンポラリー・ワーカープログラム」により不法移民に対して一時的に合法的に就労できる許可を与え、段階的にビザまたは市民権の取得ができるようにする移民法改革を7割が「指示する」と答えた。16年前の1994年には不法滞在者に教育や医療などの公共サービスを与えない法案に59%が賛成票を投じた当時から大きく住民の意識が変わっている事がわかる。同時に、新たな不法移民を増やさないように国境の警備を強化する、という案にも7割の支持があった。


2010年03月30日


カリフォルニアユーティリティコミッション(PUC)は、昨年10月に実施を約束したPG&Eの新しい料金メータ、Smart Meterの水増し請求疑惑についての調査をまったく進めていないことが明らかになった。当初の予定では3月末には調査が終了しているはずだったが、まだ調査を行うための外部機関との契約も進んでいないという。

10月14日:調査の実施を発表
12月 7日:外部調査機関の募集を開始
12月22日:調査は3月末までに終了予定と発表
3月8日:調査機関を週末までに決定すると発表
3月11日:外部調査機関の選定が遅れていると発表
3月15日:翌週までに選択したいとコメント
3月26日:調査機関見つからないまま、調査には6ヶ月かかると見通しを訂正


ただのぐうたらならいい(良くない)ですが、PG&Eとつながっていて時間稼ぎをしているとすると問題ですね。我が家もSmart Meterになりました。当面の間、現行のメータを外さずに、Smart Meterを追加設置して利用者にメータの値に誤差がないことを納得してもらうのが良いという案もあります。


2010年03月29日


昨年不動産をローンの残高より低い金額で売却する「ショートセール」を行ったカリフォルニア住人、約35,000人は、売却したことによってキャンセルされたローン残高が収入とみなされ、所得税の対象となる可能性がある。不動産のショートセールについては、連邦法では課税対象としない例外処置があり、カリフォルニアでも2007年と2008年についてはこれにならって例外としていたが、2009年の売却分については例外とする法案がまだ通っていないためだ。この法案は3月に州議会を通過しているが、法案に含まれていた別の項目についてシュワ知事が異議を主張し、法案拒否権を実行したためだ。
州議会は、改めて法案を別に用意し議会を通過させる必要があるが、タックス申告期限も迫っており適用に間に合うかどうかは微妙なラインだ。例外が認められなかった場合、30万ドルでショートセールしたケースでは28,650ドルが課税される。該当する人はとりあえず、タックス申告期限の延長を利用して動向を確認するのがよさそうだ。


2010年03月26日


marijuana

カリフォルニア州でのマリワナの合法化が11月の住民投票にかけられる事が決まったのを受けて、マーキュリーニュースでは、オンラインの投票を実施して読者のコメントと受け付けている。現在は、728票のうち、約八割の79%が合法化を支持すると回答している。

知事選の候補者では、メグ・ウィットマンとスティーブ・ポイズナーが合法化反対、ジェリー・ブラウンが合法化支持の姿勢を示しており、知事選の行方も左右する事になりそうだ。

仮に11月の選挙でカリフォルニア州での合法化が決まっても、連邦ではまだマリワナ所持は法律違反となるため、手放しでマリワナが楽しめるわけではない。周辺の他州からの強いクレームなどがあった場合は、オバマ政権が阻止に動き出す可能性もある。

Should recreational marijuana possession and use be legalized in California? | MercuryNews.com Forums


2010年03月25日


カリフォルニア州でマリファナの合法化を求めるグループが、住民投票にかけるのに必要な433,971を超える、694,248人の署名を集め昨日ロサンジェルスカウンティの選挙事務所に提出した。今年の住民投票にかけるための締め切り2分前だった。選挙事務所は集まった署名の内、523,531名分の署名を有効と認め、必要数を満たしていることが確認されたため、11月の住民投票にかけられることが決まった。

マリファナ合法化運動の中心となっているのは、マリファナ実業家のRichard Lee氏(Oaksterdam University代表)。私財130万ドルを投じてキャンペーンを運営する。キャンペーンには元大統領選挙キャンペーンのコンサルタントをしていたChris Lehane氏など有能なスタッフを揃えて、効率的に運動を進めている。

カリフォルニアでは、1975年に当時のジェリーブラウン知事が、マリファナの所持を罰金100ドル以下の軽犯罪とした事でそれまでの10年以下の懲役と比較して罪が軽くなっている。また、医療用マリファナの販売も認められており、合法化への土台はできているとLee氏は考えている。合法化することで、悪質な薬品ドラッグやメキシコ系カルテルを締め出す事ができる上に、州はマリファナの売買に税金をかけることができるとメリットを主張する。

法案では、21歳以上の成人は個人の使用目的で1オンスまでのマリファナの所持が認められ、自宅で25スクエアフィートまでの畑で栽培することも合法となる。


日本人は、マリファナを覚せい剤などの他のドラッグといっしょこたにして見がちですが、カリフォルニアではアルコールより依存度が低く、タバコより健康被害が少ないとして、実際に医療用として利用が認められています。医師の処方箋があれば、医療用マリファナ販売店で購入して自宅で服用することが認められているわけです。また、処方箋が無い人がマリファナ所持で捕まっても、信号無視や運転中の携帯電話使用より軽い罰金となっています。
実際、サンタクルーズなどの市では、警察はマリファナ所持を追っかけるくらいなら、他にするべき事があるだろう、とマリファナ摘発を他の警察業務に優先しないことが条例で決められています。


2010年03月24日


最新の電話調査でカリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事の支持率がこれまでで最低の23%と落ち込んでいる事が分かった。支持率23%は前デイヴィス知事のリコール直前の支持率に等しい。ちなみに日本の鳩山首相の支持率は3月現在で9.1%。


2010年03月19日


カリフォルニア州の職業衛生基準を検討する委員会は、AIDSヘルスケア財団からの提案を受け、ポルノ業界で働く男優にコンドームの着用を義務付ける法案の検討を開始した。これに対して、AV大手のVivid Entertainment社は、すでに実施されている性病検査の義務付けにより、AV業界での性病の広まりは食い止められており、AVファンはコンドームの着用を好まないと反対している。


2010年03月16日


カリフォルニア州の公立学校に勤める30万7千人の教員の内、7%にあたる21,905人が昨日、ピンクスリップを受け取った。ピンクスリップは来学年度からの勤務時間の大幅短縮又は解雇の通知。最終的な解雇が決まる前に通知義務が発生するため、実際に解雇するより多めに発行される。昨年は26,000人が受け取り約六割が実際に解雇された。


2010年03月15日


サクラメント河に産卵のために戻る鮭の数が激減していることから、過去二年間サーモン漁が禁止されていたが、今年は数の増加が予測されるため、制限付きで解禁となる見込みが出てきた。サクラメント河に戻る鮭は2002年には80万匹あったが、昨年は3万9千匹と激減しサケ漁が二年続いて禁止となっていたが、今年は24万5千匹が見込まれている。まだ平年の数には満たないが、サケ漁自体を潰さないためにも制限付きで解禁することが検討されている。



現在カリフォルニアでは、150ドル以上の毛皮含まれる衣料品には本物の毛皮が使用されていることを表記することが義務付けられている。このため、服の一部などに安価な毛皮が使用されている場合は、消費者がその毛皮がフェイクかどうかを知ることができない。動物保護の観点から全ての毛皮については実際の動物の毛皮が使用されているかどうかと、原産国を表記することを義務付ける法案がサンフランシスコの民主党議員、Fiona Maから提出された。


2010年03月10日


ピナクルズ国定公園の生物学者は、公園内でコンドルが卵を産卵したことを確認した。1982年に22匹まで個体数が減少し絶滅の危機にあったカリフォルニアコンドルだが、現在は180羽が生息している。国定公園内で産卵が確認されるのは100年以上ぶりとなる。



PG&Eが去年から進めている新しい電気使用料メータが、取り付けた直後から電気代が跳ね上がっているという利用者からのクレームについて、カリフォルニア公共サービス委員会は独自の調査を来週にもスタートする。この件について、PG&Eは昨年の正規の電気代値上げと熱波によるエアコン使用の急増が急上昇の原因で、偶然メータの設置時期と重なっただけと、誤動作、過剰請求を否定している。
新しいメータは、PG&Eの担当者が直接検針を行わなくても、使用料が遠隔で確認できる仕組みになっているため、ハッカーにより改ざんされる恐れもあるとも言われている。

シリコンバレー地方版: PG&E新メータによる値上がり、ベイエリアでも


2010年03月09日


roy
飲酒運転で逮捕された、カリフォルニア州上院議員のRoy Ashburn氏(55、民主党、ベーカーズフィールド)がラジオのインタビューに答えて、ゲイであることをカミングアウトした。Ashburn氏はこれまでゲイの権利を主張する様々な法案に反対の姿勢を示してきたが、先日の逮捕の直前までゲイの集まるナイトクラブにいて、その後公用車に男性の友人を乗せてナイトクラブを去った後、飲酒で逮捕されたことが報じられたため、自らゲイであったことを認めたもの。Ashburn氏は55歳で4人の子どもがあり、これまで周囲にもゲイであることを隠しており、最近ではハーベイミルク氏を記念日を作る法案にも反対票を投じていた。今後も政治の姿勢については変えるつもりは無いとしている。


2010年03月08日


オバマ政権の教育改革プランに従い、カリフォルニア州では今日、過去に渡り継続的に成績が低く、緊急に対策が必要な187校のリストを発表される。対象となる学校には、直ちに、校長含めるスタッフの入れ替え、近所の優良校との合併、チャータースクールへの変更などの対策が強制的に求められる。リストに掲載された学校はこれらの対策を行うために、二百万ドルまでの国の補助金を申請する事ができる。
リストは、学校を7つのグループに分けて、各グループの中から最下位の五%を抽出したもの。