2010年08月11日


東サンノゼの民家で火災があり、消火活動を行っていた消防隊が屋内でマリワナが栽培されているのを発見した。民家には住人がおらず、火災は違法に電力を引き込んだ配電から発生したものと見られる。警察では家のオーナーとマリワナ栽培を行っていた犯人を探している。



View Larger Map


2010年08月04日


サンノゼ警察に、ルームメイトが爆発物を所持している可能性があるとの通報があり、爆発物処理班が出動して通報のあった家を取り調べた。この間、周辺の住民は近くの教会に避難させられた。爆発物は見つからずに、爆発物を所持していたというルームメイト(54)が取調べを受けている。


View Larger Map


2010年08月02日


改装工事中のサンノゼ国際空港で使用されなくなった旧ターミナルCの解体工事が始まった。約3週間かけて中央部分を解体した後、北側のチケッティングエリアの解体に移り、9月中にはさら地として10月から駐車場の建設が始まる予定。1400台が駐車できる駐車場は来春完成。


2010年07月30日


木曜日の朝8時前にサンノゼのSilver Creek Road とCapitol Expresswayの交差点付近を泣きながら歩いている3歳の男の子を通りかかったドライバーに目撃し警察に通報した。警察が到着すると別のドライバーが車を停めて男の子をなだめているところで、歩道を歩いて来た女性が男の子に見覚えがあり、近所の家の子供と判明した。警察が子供を家に届けると、母親は子供がいなくなっていた事に気づいていない様子で、子供が勝手にドアを開けて外に出たと説明した。警察は児童虐待や放置の可能性は無いと判断して子供を返した。



今月初めにサンノゼ州立大を含む複数のカリフォルニア州立大学(CSU)で、州の教育予算削減を理由に今年も春の新入生を受け付けない事を発表したが、サンノゼ州大では昨日、これを覆して願書の受付を日曜日からスタートすると訂正して発表した。ただし、生徒の選考はすすめるものの、春から入学できるかどうかはこれから行われる州の予算配分で予算が確保できるかどうかによって決まるというもの。


2010年07月29日


メジャーリーグがオークランドアスレチックスのサンノゼへの移動がサンフランシスコジャイアンツのテリトリーを侵害するかどうかについて、16ヶ月以上に渡る真偽を続けているが未だに最終結論を出さない事にしびれを切らしたサンノゼ市長と市議会が、今年の秋の住民投票でアスレチックスの誘致について、住民の賛否を問うと先週発表した。これに対して、メジャーリークコミッショナーは遺憾の意を表明。それを受け、サンノゼでは秋の住民投票は断念し、来春以降に持ち越すと改めて発表した。


えー、オークランドコロシアムで行われていたアスレチックスをメインとした映画、マネーボールの撮影に昨夜からエキストラとして参加して来た編集長です。先ほど戻って寝ないまま地方版を更新しています。それを書きたいためにに無理にアスレチックスのニュースを入れました。
映画の撮影の内容については、お話したいのはやまやまなんですが、NDAにサインさせられているので書く事ができません。ごめんなさい。プロ野球というものを見た事がなかった編集長なんですが、始めてスタジアムでみる野球が映画俳優による偽試合になったわけですが、面白い体験でした。

シリコンバレー地方版: オークランドにブラピ経済効果、映画撮影始まる


2010年07月26日


サンノゼ警察は自宅裏庭から姿を消した10歳の少年の行方を追っている。行方不明なのはAlexander Morales君(10)で、Capitol ExpresswayとCornwall Driveに近い自宅のバックヤードで昨日午後庭仕事をしていたところ、両親が数時間目を放してから様子を伺うと、サイドゲートが開いていて少年がいなくなっていたという。少年は4フィート1インチ、85パウンドで短い黒髪、羽の模様の入った黒のTシャツに黒のズボン、濃紺のスエットシャツを着ていた。



日曜日早朝にサンノゼのHamiltonとMeridianの交差点近くのアパートで発生した火災で、逃げ遅れた8歳の少女がベッドルームで倒れているのが消防隊員により発見された。少女は病院に運ばれたが全身に火傷を負っており、病院で死亡が確認された。出火当時アパートには7人が寝ていたが、少女を除く6人は屋外に避難し無事だった。少女はノースカロライナから家族を訪問中で、明日帰路に着く予定だった。出火の原因は今のところ不明だが、不審火の可能性は低いとされている。
この火事で同じアパートに住む住人ら20人が家を失い、レッドクロスが仮住居の手配を手伝っている。


2010年07月16日


Image%20Viewer
サンノゼ警察は先週サンノゼのTrace小学校で16の教室を全焼した火災は、放火によるものと断定し、放火犯の特定を急いでいる。放火の可能性を調査していた捜査員は、出火元や目撃者の証言から火災が自然発火や事故によるものでは無いと結論した。8月16日から新学期が始まる小学校では、道を挟んだHoover中学校に仮設教室を建てて、授業をスタートする。


2010年07月15日


サンノゼカレッジに近い民家で、男女の口論がエスカレートし、女性が刺され、止めに入った隣家の住人が撃たれて死亡する事件があった。通報したのは撃たれた女性の姉妹の一人で、隣家の女性が刺されて助けを求めていたため、止めに入ったところ銃で撃たれたという。警察は男を現場で逮捕し、刺された女性は病院に運ばれた。


2010年07月14日


サンノゼで火曜日の午後、赤信号右折違反の車をパトロール中だった警察が停止しようとしたところ、警察の指示に従わずにスピードを上げて逃走しようとした。警察がパトカーで逃走するホンダシビックを追走したところ、約1マイル離れた赤信号の交差点に侵入し、乗用車に激突する事故があった。ぶつけられた三菱ミラージュは大破し助手席にに乗っていた15歳の少女が道路に投げ出され重症。ドライバーの女性と同じく車に乗っていた6歳と12歳の子供が怪我をし病院に運ばれた。この事故で逃走車に同乗していた別の女性も怪我をしている。
逃走車のドライバーには別件で逮捕状が出ていた事が後から判明。このために逃走したと見られる。事故後、ドライバーは車を捨てて走って逃げようとしたが、すぐに警察に追いつかれて逮捕された。


それだけの事故でまだ走って逃げるって随分不死身なヤツですね。



サンノゼで宝くじを買いにコンビニエンスストアに立ち寄った23歳の男性が、コンビニを出た所で複数の警察官に背後からタックルされ、地面に押さえつけられた上で、顔を蹴る等の暴力を受け、乱暴に後ろでに手錠をはめられる騒ぎがあった。逮捕後しばらくして、警察官は人違いだったことに気付き男性の手錠を外して、乱暴を謝罪した。


2010年06月30日


sjc
オープンしたばかりのサンノゼ空港ターミナルで昨夜、映画のシーンの撮影が行われた。映画のタイトルは未定だが、主演のビル・マーレイと一匹の象が利用者のいなくなった空港に運び込まれ、300人のエキストラと共にマーレイが象を連れて空港のセキュリティを通過しようとするシーンなどが撮影された。象の動きが予測できないため、撮影は困難を極め、朝になり空港が開く直前まで続けられ、今晩も引き続き撮影される。


2010年06月29日


Dreamweaver
11月の総選挙での合法化に向けてマリワナ周辺ビジネスが盛り上がっている。サンノゼにはすでに60を超える医療用マリワナの販売所があるが、昨日オープンした医療用マリワナ販売所ではマリワナ製品の販売だけでなく、マリワナの栽培や調理の仕方などを教えるスクールを開校する。対象は医療用マリワナの処方せんを持つ本人とその家族。症状や嗜好にあわせたマリワナの摂取方法や自宅での栽培方法を教える。


正しい使用方法を教えるのは大事ですが、栽培方法まで教えちゃったら売れなくなるって心配はないんだろうか。


2010年06月28日


chair
週末にサンノゼ空港の新ターミナルの一般公開が行われた。この日始めて新ターミナルを訪れた人は、天井の高い200フィートのスカイライトが気に入ったものの、長いコンコースに歩く歩道がついていないことへの文句も多かったようだ。新しいターミナルには1200席の電源コンセント完備の椅子が設置されており、飛行機を待つ間ラップトップの電源を探して空港内をさまよう必要はなさそうだ。また、天井が高い関係でベンチレーションは床下から拭き上げる仕組みとなっており、電源コンセント付きの椅子の足元から空気が吹き出す仕組みになっている。


どうせ電源コンセントつけるなら、充電専用のUSBポートもつけておいてくれればいいのにね。


2010年06月25日


サンノゼダウンタウンの南、Sanborn Avenueで通りかかった車の車内から路上にいた二人の男性が銃で撃たれる事件があった。犯人はそのまま黒いピックアップトラックで現場から逃走している。撃たれた二人の一人は重傷。銃撃の目的は明らかになっていない。


2010年06月21日


金曜日の午後2時50分頃、サンノゼのオークリッジモールのアンカーストア、Macy'sの配電室から火が出ているのを従業員が発見し、消防に連絡。3時には買い物中の客などを一旦店外に避難させて、店を締めて消防にあたった。火災は2アラームの規模で、4時15分には鎮火し、店舗も再オープンした。火災の原因は不明。けが人ゼロ。


2010年06月18日


サンノゼの自宅前で遊んでいた5歳の少女を連れ去り、性的暴行を行った容疑でサンノゼ警察はMichael Dominguez(35)と、Racquel Martinez(29)の二人を逮捕した。被害にあった少女は火曜日に自宅前で一人で遊んでいたところ、Dominguezに無理やり連れ去られたと見られる。被害者との間に事前に面識があったかどうかは明らかになっていない。Dominguezは暴行を加えた後に被害者を開放。翌朝に警察に逮捕された。また、Dominguezのガールフレンドも犯行を幇助した疑いで同時に逮捕されている。


2010年06月14日


nude
scanner
TSAが航空セキュリティのために新たに導入を始め各地でプライバシー侵害の可能性が問題となっている、「全身透視カメラ」がこの度、サンノゼ国際空港のセキュリティに導入された。このカメラは全身をスキャナーにかけ、着衣のまま服が透けて全身が見れるもので、すでに導入されているロンドンヒースロー空港では、同僚女性職員の裸を見た空港職員が懲戒免職になったり、「児童ポルノ規制に違反」と市民団体からの抗議が出るなど話題になっている。
サンノゼ空港では、スキャナの出力を確認する職員はスキャナとは別の場所で、検査されている人と顔を合わせない仕組みになっており、問題が見つからなければデータはその場ですぐに削除されるという。


安全のためなら別に自分の裸くらい見られても構いませんが、反対している人はおそらく、「恥ずかしい」より「羨ましい」の方が強いのではないでしょうか。上のようなおっさんのネガ画像だとなんということも無いですが、こちらの女性のネガ画像を反転した画像を見るとちょっと考え方が変わるかも知れません。

scanner


2010年06月10日


2台のF-18戦闘機がサンノゼダウンタウンから住宅地へかけて超低空飛行を行い住人を震え上がらせた。住民からは振動で家が揺れるなどの通報が警察に寄せられた。サンノゼ国際空港のスポークスマンは非常に珍しいことで何の目的で低空飛行をしていたのかは不明とコメント。US海軍のF-18であることを確認したが、同空港に離着陸はしていないという。

f18
写真は同型機ですが、サンノゼで撮影されたものではありません。


2010年06月08日


月曜日の早朝、3時半頃サンノゼのSan Tomas ExpresswayのStevens Creek Blvd近くを車で走行していた男性が、並走して走る車の中から銃で撃たれる事件があった。男性は近くの病院に運ばれた。


2010年06月07日


6月24日に予定されているサンノゼ空港アップグレードの披露パーティだが、当初予定していた50万ドルの寄付が集まらず、パーティの内容を縮小して開催する事となった。当初は地元シリコンバレーのハイテク企業などに式典のスポンサーとなってもらい、50万ドルを集める計画だったが、実際には工事に関わった建設業者などを中心に半分に満たない23万ドルしか集まらなかったため、式の内容を簡素化せざるを得なくなった。式典には140ドルのチケットを購入すれば一般でも参加が可能。タキシードにドレスというドレスコードも無くなり、普通のビジネススーツで参加可能となった。



alviso
サンノゼのAlviso Marina County Parkで25年ぶりにレクリエーションボートのための船着き場が一般に開放された。これはAlvisoエリアを昔のように船舶のゲートウエイにしようというプロジェクトの第一弾で、今後はボードウォークや駐車場などを充実させて行く。新しくできた船のローンチエリアからはカヤックはボートからエンジン付きの小型船までを進水させることができる。


2010年06月03日


「税金ドロボー」とか「晴れ晴れ詐欺」等と文句をつけたくなるような気候が続いた5月だったが、記録上どれくらい寒かったかと言うと:

・日中の最高気温の平均が例年より7°F低く、1930年以来最低を記録

・五月の最高気温が82°Fを超えなかったのは1917年以来

今週末は今年始めての熱波の到来で90度近くなることが予想されています。「寒い寒い」と文句を言っていた舌の根も乾かないうちに「あぢぃ〜、5月のほうが過ごしやすかった」という事になりそうです。


2010年06月02日


火曜日の午後、Wells Fargoのサンノゼの支店に銀行強盗が入り、行員にメモを渡して現金を受け取り逃走した。銀行から出た銀行強盗が近くのライトレール駅から路面電車に乗り込むのが目撃されたため、警察官が次の駅でこの列車を待ち構えて、乗っていた男を逮捕した。


逃走経路とか、逃走用車両とか、そういう事を事前に考えなかったんでしょうか。憎めないヤツですね。



derail
連休中の日曜午前9:50頃、北サンノゼのTasman Driveの交差点でVTAの路面電車と赤信号を無視して好転に侵入した乗用車が衝突する事故があり、電車が脱線した。ライトレールに乗っていた11人に怪我は無く、乗用車に乗っていた3人の内二人は病院に運ばれたが大きな怪我はなかった。


2010年05月26日


casino
先週サンノゼの市議会から市内での移転を承認されたガーデンシティカジノが、移転先に新たに建設する予定の総合カジノ施設の計画を明らかにした。計画にはガラス張り5階建ての施設に、カードゲームテーブルのギャンブルエリアの他、セレブシェフによるレストランや、ライブエンターテイメントを行うホールなどが含まれており、併設するホテルと併せてラスベガススタイルの複合エンターテイメント施設を予定している。


カリフォルニアでは先住民であるインディアンの既得権として、インディアン種族に限定してカジノの運営を認めていますが、ギャンブルの種類や上限額などが厳しく規制されており、現在認められているのはポーカーやブラックジャックなどのカードゲームのみで、スロットやルーレットなどはありません。


2010年05月25日


サンノゼの5月の平均気温が観測史上最低の記録に近づいている。昨日までの平均最高気温は69.4°Fで、平年より5度以上低く、観測史上7番目に寒い5月となっている。最近では12年前の1998年の5月の平均気温が69.1°Fだった。記録上最低は、1961年の67.9°Fとなっているが、今週も予報では雨模様で気温も下がる見込みで、記録を更新する可能性もある。
サンノゼの5月の平均最高気温
順位平均最高気温(°F)
1196167.9
268.01977
368.71948
368.71964
569.11945
569.11998
769.42010年現時点

2010年05月24日


日曜日の夜、サンノゼのウイロウグレン中学校の生徒と教師に対して、オンライン上で犯行を予告する書き込みが見つかり、通報を受けた警察では学校の警備を増強して警戒にあたっている。書き込みを行ったのは学校のトイレやオンラインで「KILL LIST」として生徒の名前を張り出すなどして退学処分を受けていた生徒。処分への逆恨みで学校への犯行予告を行ったと見られる。警察では、中学校に隣接する高校、デイケアセンターを含めてパトロールを強化している。


2010年05月20日


サンノゼ、アラムロック地区の二階建ての民家で銃で撃たれた男女の遺体が見つかり、警察では無理心中と見て調べている。水曜日の朝、銃を持った男から身を隠しているという女性の友人から警察に通報があり、警察が駆けつけると民家の中から銃声が聞こえた。警察が窓から家の中の様子を見ると、男が自分の頭に銃を向けており、その後で再び銃声が聞かれた。男はこの家の住人で、殺された女性とは数ヶ月前から付き合っていたという。警察では、念のため近隣の住人を避難させた上で家に踏み込み、二人が死亡しているのを確認した。


2010年05月19日


サンノゼ市議会は、市内のカードクラブ、ガーデンシティカシノが空港に近い場所へ移転し600室のホテルを隣接するカジノ施設建設を建設する申請について承認する見込みだ。実現すればベイエリアでは初のホテルとカードルームが備わった総合ギャンブル施設となる。また場所は現在もう一つのカードクラブBay101から1マイル程度の距離となる予定。サンノゼ市は掛け金の上限200ドルの規制を撤廃すると同時にカードルームへの課税を現在の13%から15%に引き上げる事により年間で5百万ドルから1300万ドルの税収を見込んでいる。


2010年05月17日


サンノゼのStory RdのTargetで駐車場で男性が撃たれ死亡する事件があった。事件があったのは日曜日の午前2:56分で被害者はサンタクララ市在住の20歳の男性。通報した目撃者によると、ゆっくり近づいて来た車の車内から撃たれたという。ギャングに関連した事件かどうかは明らかになっていない。サンノゼの殺人事件はこれで今年10件目となる。


目撃者も被害者も午前2時にターゲットの駐車場で一体なにをしていたのか気になります。



drummer
サンノゼ警察では2週間前の4月30日から行方が不明となっているミュージシャン、Virdell Green Jr. (46)の行方を捜索している。Greenさんはプロのドラマーで、4月30日にガールフレンドの自宅に車とドラムセット、車の鍵などを残したままいなくなっており、バンドのリハーサルに姿を見せなかったため失踪届けが出された。家族によれば責任感の強いタイプで、連絡を無く仕事を休むとは思えず、事件に巻き込まれているのではないかと心配されている。


2010年05月12日


cluster
サンノゼでアパートなどの集合ポストを狙う盗難事件の被害が続いている。サンノゼ警察では今年に入って20件の集合ポストが荒らされる被害を確認している。犯人は、それぞれに鍵のかかった郵便受けからクレジットカードや、チェックなどを盗み出して現金化している。鍵のかかった集合ポストが狙われるケースは珍しく、郵便局では麻薬組織などが組織的に動いている可能性があるとして捜査を進めている。



サンノゼで19歳の父親が児童虐待致死の容疑で逮捕された。男は8ヶ月になる娘に暴力を働いて死亡させた疑い。同居の母親には子どもが転落してひどく怪我をしたと話していたという。連絡を受けて救急隊が駆けつけた際には息をしておらず、搬送先の病院で死亡が確認された。容疑者は今年三月にギャングに関連した暴力事件で傷害を受けた記録がある。


2010年05月10日


インテルが毎年開催している、国際サイエンス&エンジニアリングフェアが今週サンノゼのマクエナリー展示会場で一般公開される。会場には全米から予選を勝ち抜いた1,500人の高校生が集まり、ブースで各自のプロジェクトを発表する。プロジェクトはシリコンバレーのハイテク企業CEOやノーベル賞受賞者などによる審査委員により水曜日に審査を受け、木曜日に3百万ドルのスカラーシップと7万5千ドルの優勝賞金の行方が発表される。
木曜日の10時から午後2時の間はオープンハウスとなり、無料で一般の見学も受け付ける。

Society for Science & the Public - Intel ISEF - 2010 Event Home

 
毎年ファイナリスト1500人のプロジェクトから300近い特許が申請されるそうです。高校生のサイエンスプロジェクトとは思えない高いレベルの発表が多く注目を浴びています。これは是非見学に行きたいですね。


2010年04月22日


昨夜9時30分頃、サンノゼのWillard AvenueとSan Carlos Streetの交差点付近で喧嘩騒ぎがあり、警察が到着すると21歳の男性が銃で撃たれた上に刺されて死亡しているのが見つかった。サンノゼでの殺人事件はこれで今年七件目となる。3月22日にはホームレスの男性がラジオ局KSJXの裏で刺されて死亡しているのが見つかっている。


2010年04月21日


火曜日の雨でサンノゼはシーズン通算降雨量が16.12インチとなり、平均の112%に達した。4月だけで見れば降雨量は4.55インチで2006年以来始めての雨の多い4月となる。天気予報は今日と明日も傘マークが続き、来週にはストームも予報されている。サンタクララカウンティの10の貯水池では、貯水量が耐震上安全とされるレベルの96%まで達している。



帰宅途中だった18歳の女性に不必要な身体検査を行った上に、女性が拒否したにも関わらずパトカーで自宅まで送ったとして、裁判を受けていたサンノゼ警察の警察官に対して、陪審員は2時間という短い審議で、無罪の結論に達した。無罪とした理由については、当事者二人の証言以外に全く証拠が無いこと。通訳を通じての被害者の証言にゆらぎがあり、一貫していないことなどから、有罪とするには十分な根拠が無いとした。

警察官によれば、職務質問を行ったのはギャング関連の事件の多い地域で、女性がパトカーを見て何かを隠したように見えたため、パトカーをUターンさせてドラッグなどを隠し持っていないかを確認したという。また、職務質問を行う際には本部への事前連絡が義務付けられているが、これを怠ったことについては久しぶりのパトロールのために忘れていたと説明している。

シリコンバレー地方版: サンノゼ警察、わいせつ行為の警官を逮捕
シリコンバレー地方版: 警察による18歳女性への不要な身体検査、双方の主張食い違う



サンノゼ市は火曜日、全職員の6分の1にあたる1300人を超える市職員に年内に解雇、または異動の予定があることを書面で事前通知した。事前通知は法律で定められているもので、通知を受けた職員が必ず解雇されるとは限らない。通知を受けた職員には1123人のフルタイムの職員が含まれ、部署は警察から図書館まで全域に及ぶ。実際にレイオフされるのは450人程度で、残りは給与の低い部署に異動、またはパートタイムへの異動などが予定されている。大型レイオフは市の1億1600万ドルに達する経営赤字を埋めるためにやむを得ないとしている。
サンノゼ市は、同時に職員の労働組合に対して、レイオフの数を減らすのと交換に全員の給与10%削減の条件も提示している。


2010年04月20日


hawk
サンノゼのウイロウグレンの住宅街で通行人が大型の鳥に襲いかかる騒ぎがあり、野生動物レスキューが確認したところ、鷹が巣を作り卵を守っている事が分かった。レスキュー隊は卵が孵り鷹が巣立までの間は、親鳥が巣に近づく物に対して攻撃的になるのは仕方ないとして、住人に傘などで身を守るように説明した。


2010年04月15日


hug
銀行強盗現場に居合わせ、強盗をベアハッグで取り抑えた男性の防犯カメラの映像が公開された。フォトジャーナリストでSJSU教授を勤めるKim Komenichさんが、落ち着いた様子で犯人を後ろから羽交い絞めにしている、

シリコンバレー地方版: 銀行強盗に居合わせた男性が、強盗を取り押さえる


2010年04月14日


サンノゼダウンタウンのWells Fargoの支店で、行員に「銃を持っている。金をよこせ」と買いたメモを見せて銀行強盗を働こうとした男が、窓口に並んでいた客の一人に取り押さえられ警察に逮捕された。取り抑えたのは、報道写真家iでピューリッツァー賞を受賞したこともあるKim Komenichさん。警察は犯人逮捕への協力に感謝しつつも、銀行強盗のような事件に巻き込まれるのは危険なので真似をしないようにと付け加えた。逮捕後、犯人は銃を所持していないことが分かった。


2010年04月13日


falcon
サンノゼ市庁舎に巣を作っているハヤブサのつがいが今年産卵した4つの卵のうち、3つが昨日孵りウエブカメラ越しに3羽のヒナ鳥の姿が確認された。

SCPBRG: Peregrine Falcon Web Cam, San Jose


2010年04月12日


owlhome
サンノゼの民家でフロントヤードの椰子の木を切った所、ヤシの木に巣を作っていたと見られるフクロウの生後10日のヒナが見つかった。ヒナは当初3匹いたが、一匹は死亡。通報を受けた野生動物保護センターが、倒れた木のあった場所に巣箱をたててヒナを中にいれ、親鳥が戻る事を期待している。


2010年04月07日


オークランドA'sの移転先の有力候補とされているサンノゼのチャックリード市長の元に、メジャーリーグベースボールの幹部数名が訪れ、ランチを共にした。市庁舎を訪れたのはMLBの最高経営責任者であるBob DuPuy氏、A'sのオーナーであるLew Wolff氏。DuPuy氏はベースボールコミッショーからA's移転についての調査を一任された二人の内の一人。サンノゼが7月までに移転候補地に決定すれば11月の住民投票で市民の支持が確認される。

MLBはサンノゼの他にその他の候補地であるフリーモント、オークランドも訪問したとされている。
サンタクララカウンティについては、サンフランシスコジャイアンツが領土権を握っているため、別のメジャーリーグチームがサンノゼをホームとするためには、MLBオーナー75%の賛成が必要。またA'sからジャイアンツへ何らかの代償の支払いが必要になると見られている。


2010年04月06日


日曜夜から月曜への雨でサンノゼのシーズン通算降雨量が14.34インチとなり、平均降雨量15.08インチまであと、0.74インチと近づいた。もう一雨あれば、2006年以来4年ぶりに平均を超える雨量となる。2006年のシーズン通算降雨量は22.91インチだったが、2008年と2007年はそれぞれ63%, 64%で2009年は平均の半分以下の49%しか雨が降らなかった。


2010年04月05日


日曜の朝、サンノゼの4箇所で放火と見られる不審火があり、うち一件は駐車場に止めて会ったSUVを全焼、隣接する家屋にも燃え移り13人が焼け出された。この後、サンノゼの別の場所でも相次いで3件の放火と見られる火災があり、警察と消防では連続放火事件の可能性もあるとして捜査を進めている。


2010年03月31日


サンノゼ市議会は昨夜、医療用マリファナ薬局の市内での営業を認め、特別課税の対象とする法案を6月から再検討することについて、6−4で可決した。チャック・リード市長は11月の住民投票まで待ってカリフォルニア州の娯楽用マリファナ合法化への住民の意思を確認してからとしたいという立場を取っていたが、厳しい赤字財政で市の様々な施設が閉鎖を余儀なくされている中、新たな税収の財源を先延ばしにすることはできないと再検討の同意した。
見込まれる税収についてはまだ数字がでていないが、同様の課税を予定しているオークランドでは年間50万ドルの税収を見込んでいる。


2010年03月29日


ボーイフレンドと旅行中のハワイのホテルでバルコニーから約25フィート下に転落して死亡したサンノゼの女性の誕生日だった日曜、サンノゼのチャペルには亡くなったKarenさんの友人など200人が故人を偲んで集まった。ハワイ警察は当初、同行していたボーイフレンドを殺人容疑で逮捕したが、証拠不十分で釈放している。Karenさんの家族は、二人の関係には以前から問題があり、ボーイフレンドは暴力的なところもあったとしている。この日のメモリアルにはボーイフレンドは招待されていなかった。


2010年03月24日


先月10日、ヒラカワ・ヒデヤさん(45)ホームレスが死体で発見されたサンノゼの教会で火事があり、教会が全焼隣家にも延焼した。教会は現在使用されておらず、隣家の住人も不在だったため、このけが人はなかった。火事の影響でコムキャストの光ファイバーが切断され周辺の7000件近くでケーブルテレビとインターネットが切断された。火災の原因は現在調査中。この教会は使用されておらず鍵がかかっているが、ホームレスが寝場所に使用していることが知られており、先月もホームレスの殺人死体が見つかっている。

シリコンバレー地方版: サンノゼで日本人?ホームレスの死体が見つかる


名前だけで日本人と断定してしまいましたが、二世、三世かもしれません。でも、45歳の日本人(っぽい名前)のホームレスの人が教会で殺されるなんて、どういう事情があったのか気になります。そこへ来て、教会が全焼。コムキャストのファイバーが切断、と。だれか事件を結びつけて紐解いてくれませんかね。



volaris
サンノゼ国際空港に新たにメキシコのVolaris航空が4月から就航し、Guadalajaraとサンノゼ間を結ぶ一日一便の定期便をスタートする。定期便はサンノゼ到着が11:25、出発が12:35のスケジュール。



土曜日の夜、サンノゼのハーマン中学校で59歳の警備員が数人の男に襲われ重傷となる事件があった。事件の起こる前に同僚に「怪しい男たちがいる」と連絡があったため、同僚が警察に通報。警察が現場に駆けつけてみると、警備員が屋外のバスケットボールコートで倒れており、出血しているのが見つかった。武器や、動機については不明。警備会社では犯人逮捕に繋がる情報に5000ドルの懸賞金をかけている。


2010年03月23日


サンノゼの女性(52)が、ボーイフレンド(58)とハワイに旅行中、二人が滞在していたホテルの2階の部屋のバルコニーから転落して死亡する事件があった。警察は直前まで部屋で口論するのが聞こえていたという、ボーイフレンドを殺人容疑で逮捕した。亡くなった女性の家族は、女性とボーイフレンドは5年間のつきあいだが、ボーイフレンドが支配的で良い関係では無かったとコメントしている。


2010年03月22日


日曜日にサンノゼで行われた移民法改革を求めるデモ行進にはラティノ系の住人を中心に1000人が参加し、オバマ政権に移民法改革の公約を守るように訴えた。デモを周辺の4つ教会からスタートし、サンノゼダウンタウンのPlaza de Cesar Chavezに集結した。


2010年03月19日


オバマ政権に移民法改革を求める全米同時デモが日曜日に各地で予定されており、サンノゼでも午後12:30にOur Lady of Guadalupeなど、地域の4箇所の教会に集まり、2時にPlaza de Cesar Chavezパークに集合するデモが計画されている。デモでは不法移民の受け入れ、市民権申請プロセスの改善、不法移民の人権などを訴える。


2010年03月18日


Happy%20Hollow

7200万ドルをかけた全面改装工事を終えたサンノゼケリーパーク内のハッピーハロー動物園が土曜日に二年ぶりに再オープンする。改装では1961年のオープン当時からある遊具などが大幅に入れ替えられた他、動物の飼育展示エリアも改善された。

場所:1300 Senter Road, San Jose
グランドオープン:20日土曜日午前9:30リボンカット
開園時間:午前10時〜午後5時(5月28日以降は午後7時迄)
入園料:12ドル(2歳以下無料)、パーキング6ドル


2010年03月16日


falcon
サンノゼ市庁舎に作った巣から二台のウエブカメラで全世界に生中継されているツガイの隼、クララとエステファンが今年は合計で4つの卵を産んだ。卵は3月の2日に一個目が産まれた後、4日、6日、9日と合計四つ。卵が孵るのは4月4日からのイースターの週後半になると見られている。


2010年03月15日


アイルランドがサンノゼに国の予算でイノベーションセンターをオープンし、日曜に開催された式典には同国のブライアン・コーウェン首相が参列し挨拶を行った。センターはアイルランドのスタートアップにインキュベーションオフィスを提供する他、ハイテクの聖地シリコンバレーでのアイルランド企業の情報ハブとしても機能する予定。



対立するギャンググループ間の抗争が目立っているサンノゼでは、警察がギャング間の抗争に介入し報復攻撃などを未然に防ぐ努力を進めている。仲裁に入るのは元ギャングのメンバーは牧師などで、昨年はギャング関連の事件を減少させることに成功した。しかし、今年は1月に入ってからギャング関連の刺傷事件がまた増えている。


2010年03月12日


2006年にサンノゼの路上で、34歳の男性が二人組に襲われ、バットで頭部などを殴られて死亡した事件の裁判で、当時未成年だった加害者二人に、第一級殺人刑が言い渡された。加害者側は、被害者が死亡したのはバットで殴られた後に、警察に警棒やティーザーガンを使って取り押さえられたことが関連していると訴えていたが、認められなかった。事件の後、被害者は血を流しながら1マイル以上自力で歩いているところを、不審に思った住人が警察に連絡、警察は武器を持っている恐れがあるとして、ティーザーガンや警棒を使って怪我をしている被害者を取り抑えた。
この訴えについて陪審員は、検死の結果や写真などから先にバットで殴られた怪我だけで十分に致命傷であったとして、警察が被害者死亡に関連しているとの訴えを退けた。


2010年03月10日


サンノゼの住宅街で日曜の夜、落ちていたフェンスの支柱を使って路上駐車されていたベンツE320セダンを殴りつけていた男が器物破損と暴行傷害で重罪を課せられた。男は騒ぎを聞いて近くの家から出てきた男性に、支柱で殴りかかり、揉み合いとなり、続いて家から出てきた男性の兄弟と二人を相手に乱闘の末取り押さえられた。
男がなぜベンツを殴りつけていたかの動機は不明だが、酒によっていたと見られる。男が振り回していたフェンスの支柱には釘がささっており、これを受けた男性が怪我をした。


2010年03月09日


led

リック天文台での夜間の観測の邪魔にならないよう、サンノゼ市ではこれまでオレンジに光る低圧ナトリウム式の街路灯を使用してきたが、より寿命が長くコストを抑えられるLED街路灯に置き換える作業が進められている。LED街路灯はハイテク化により、遠隔から光量を調整することができるため、天文台の観測の時間だけ明かりを落とすことが可能。また、故障や寿命でライトが消えても、これまでのように市民からの通報を待たずとも、担当者に自動で連絡が入る仕組みも導入された。
写真は市が、住民に参加を呼びかけているLED街路灯の夜間デモンストレーション。参加した市民からの意見を集めて、評判が良ければ、2022年までに市内6万2千本の街路灯をLED化する計画。


2010年03月08日


カリフォルニア州が今日発表した、成績が悪く対処が必要とされる187校のリストに、サウスベイから7校が含まれていることが分かった。7校はいずれもサンノゼ市で以下の通り。リストに上げられた学校は、校長を含むスタッフの入れ替えや、優秀校との合併など、早急に対策を取ることが義務付けられる。

サンノゼユニファイド学区:
Hoover middle school
Burnett middle school

アラムロック学区:
Chavez Elementary
Ocala middle school
George middle school

イーストサイドユニオン学区:
Escuela Popular charter

マウントプリーザント学区:
August Boeger Middle School