2010年10月19日


10月22日から31日にかけて、Palo Alto, Stanford大学構内、East Palo Alto 及びSan Franciscoにおいて、映画祭 (United Nations Association Film Festival, UNAFF) が開催されます。この催しはUnited Nations Association of United States of America Mudpeninsula Chapter というNGO団体とStanford FIlm Society によるもので、今年で13年目を迎えます。今年はPOPULATION-MIGRATION-GLOBALIZATIONをテーマとして、世界60カ国より60本のドキュメンタリー映画を集め、公開します。また合間には合計27にわたるsessionも予定されています。この機会に是非お立ち寄りください。スケジュールの詳細やチケットの入手方法等、詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。

www.unaff.org


2010年10月16日


************************************************************ KEIZAI SOCIETY U.S. - JAPAN BUSINESS FORUM ************************************************************

グローバル・バイオテック産業 将来の見通し

パネリスト:
Dr. Roger Wyse
Managing Director and General Partner, Burrill & Company
A member of Int’l Advisory Panel for Biotechnology for Malaysia’s Prime Minister

Dr. Mary Haak-Frendscho
President and CSO, Takeda San Francisco

Dr. Akiko Futamura
President and CEO, InifiteBio

Mr. Haru Morita
President and CEO, REGiMMUNE

2010年10月28日(木)
登録およびネットワーキング: 5:30 ? 6:00 p.m.
イベント: 6:00 - 8:00 p.m.
Wilson Sonsini Goodrich & Rosati (WSGR)
650 Page Mill Road, Palo Alto, CA 94304

軽食とソフトドリンク

料金:
10/24 11:00pm までに登録の方: $20
10/27 5:00pm までに登録の方:$35
当日参加の方:$50
(当日参加は歓迎しますが、席に限りがあります。)
服装: ビジネスカジュアル
経済ソサエティのウェブサイトで登録してください。keizai.org

Ustreamによるインターネットライブ放送
料金:無料。10/26 5:00pm(日本時間 10/27 9:00am)までに登録してください。
ご登録いただいた方には、インターネット放送の詳細を 10/27にお送りいたします。
イベントの概略

サンフランシスコ・ベイエリアはバイオテクノロジーの革命発祥の地です。今回の
フォーラムでは、バイオテック産業の将来の展望を探るべく、パネリストらが以下の
問題について討議します:経済危機とその余波の影響を受けバイオテック産業におけ
る事業形態がいかに変化したか?新興マーケットが既存マーケットに与える影響は?
注目すべき国境を越えた取引とは?今日のグローバル経済で成功する秘訣は?注目に
値する優れたイニシアチブをとっている地方政府は?そのイニチアチブから学ぶべき
ことは何か?

パネルディスカッションの冒頭でAkiko Futamura氏にグローバル化された今日の
バイオテック産業の概要を説明していただきます。バイオテック企業はどのような
問題・課題に直面し、生き残りと成功をかけ、いかなる努力を行っているのでしょうか。

Roger Wyse 氏 には、増加し続ける食糧とエネルギーに対する需要をバイオテクノロジーの
利用によりいかに満たすことができるかについて話していただきます。人口が急速に
増加する中、この需要を満たすことは、地政学的な観点からも、経済的な観点からも、
21世紀の最も重要な問題であり、多くの議論を呼んでいます。産業アプリケーション、
世界の食糧安全保障、そして持続可能性はバイオテック産業でいかに展開されているの
でしょうか。Dr. Wyse は顧問という立場で地方政府へのアドバイスを行い、幅広い
投資経験を有しています。プライベートセクターと共に増加し続ける食糧・エネルギー
に対する需要を満たすばかりでなく、さらに一歩踏み出て業界のリーダーになろう
というイニチアチブが政府組織に存在するなど、我々の政府組織に関する見方を一新
するような議論をお楽しみください。

Dr. Mary Haak-Frendschoには、企業の観点から、世界的な経済危機を乗り越え将来的な
成長をかけて大手バイオテック企業やバイオ医薬品メーカーが取っている事業戦略に
ついて話していただきます。R&D の展望を踏まえ、米国がバイオテック産業のR&D と
製造において世界のリーダーであり続けているのかどうかを検討します。イノベーションと
マネージメントがいかに国境を越えて実践され、企業の生き残りを左右しているのでしょうか?

Haru Morita 氏にはその奥深い経験に基づき、産業が不況から回復する中でスタート
アップ会社が直面するであろうリスクあるいは事業チャンスについて話していただきます。
さらに、市場機会と規制プロセスの観点から、海外のスタートアップ会社が米国で事業を
行うにあたり享受できる利点を他国との比較で議論します。


経済ソサイエティの2010年のテーマは「Catch the Next Wave ? New Opportunities for
2010」です。このフォーラムは、世界経済がどのように不況から回復し、次の波にのり、
そして、次々にやってくる新しいチャンスを掴むのかに焦点を当てて開催しています。
名刺をたくさんお持ちになり、イベントの参加者と名刺を交換してください。
苦境の時期は、ネットワークや助け合いが重要です。Next Waveの力を拡散するために、
このメールを知り合いの方に転送してください。

Dr. Roger Wyse is a Managing Director and General Partner at Burrill
& Company, a leading Life Sciences company with $1 billion in venture
capital under management, with businesses in merchant banking, private
equity and media. Dr. Wyse joined Burrill in 1998 and has led the
development of Burrill & Company’s agriculture, nutraceuticals,
health & wellness, and industrial biotechnology related activities
in venture capital investing. In this endeavor he pioneered the
“Virtual Corporate Venture” model and has attracted over 40
corporate investors into the various Burrill funds.
Dr Wyse chairs or serves on the boards of 11 private companies.
He is Co-Chairman of the $150M Malaysian Life Capital Fund and is
a member of the International Advisory Panel for Biotechnology
(BioIAP) for the Prime Minister of Malaysia. He was founder and
Chairman of the Alliance for Animal Genome Research. He serves on
the Board of Industrial Section of BIO. Dr. Wyse is a sought after
speaker on biotechnology applications and policy in food,
agricultural and bio-clean-technology. He has over 30 years of
experience as an internationally recognized scientist and as a
Dean at two major research universities; Rutgers and the University
of Wisconsin-Madison. Immediately prior to joining Burrill & Company,
Dr. Wyse served for 5 years as Dean of the College of Agricultural
and Life Sciences at the University of Wisconsin-Madison. From 1986
? 1992, he served as Dean of Research at Rutgers University. In
research, Dr. Wyse earned international recognition for his basic
studies in plant biochemistry. He published over 150 scientific
papers. In recognition of his research accomplishments he received
the prestigious Arthur Flemming Award in 1982 as the Outstanding
Young Scientist in the US Federal Service. He was elected a Fellow
of the American Association for the Advancement of Science, the Crop
Science Society of America and The American Society of Agronomy. He
also served as a consultant to numerous Fortune 500 companies.


Dr. Mary Haak-Frendscho is President and Chief Scientific Officer of
Takeda San Francisco. She established Takeda's new center of
excellence for biologics, which also serves as the therapeutic
antibody (Ab) IND engine for Takeda Pharmaceutical Company, Japan’s
largest biopharmaceutical and biotech company. Dr. Haak-Frendscho
leads the overall Ab target discovery, Ab drug discovery, and
preclinical development activities for oncology, inflammatory and
metabolic candidate medicines. In addition, she is responsible for
actively expanding Takeda's US science, business, and intellectual
property presence in the Biotech sector. Dr. Haak- Frendscho has
nearly 20 years of industry experience at companies including
Genentech, Abgenix and XOMA. She is an inventor on over 25 issued
and pending patents, authored about 70 scientific articles, and
has an adjunct appointment at the University of Wisconsin where
she obtained her PhD.


Dr. Akiko Futamura is President and CEO of InfiniteBio. Formerly,
she was Executive Vice President, Science and Technology/Business
Development at SC BioScience USA, a subsidiary of Sumitomo
Corporation, and Vice President, Science and Technology at Summit
Biotech, a venture capital arm of Sumitomo Corporation. She was
responsible for identifying key technologies, conducting due diligence
and was involved in business development at therapeutics and platform
(tool) companies. She played a key role in concluding a number of
important alliances and investments with companies such as Morphotek,
Cyntellect, QuantumDot Corporation, Xenogen, Panomics and Multispan.
At InfiniteBio, Dr. Futamura has assisted numerous Japanese companies
commercialize novel in vitro and in vivo technologies in the U.S.,
including PhoenixBio, SCIVAX Corporation, and ReproCELL. Dr. Futamura
received her BS in biotechnology from the University of Tokyo, and Ph.D.
in biochemistry from the University of Illinois. She is currently
serving as a visiting professor at Osaka University, Japan, and is
working to transfer novel technologies from Japan to the U.S. Dr.
Futamura is a co-founder of the Japanese Scientists Network in the U.S.


Mr. Haru Morita has served as President, CEO and Director of REGiMMUNE,
which is headquartered in Japan but has a US subsidiary in Mountain
View, California. Mr. Morita has been with REGiMMUNE since founding
it in 2006 and has raised over US$20 million two years ago. Prior to
REGiMMUNE, Mr. Morita served on the management teams of Y's Therapeutics,
Ltd. and Y's Therapeutics, Inc., most recently as Director of Business
Development with responsibility for corporate planning as well. Mr.
Morita's professional experience also includes management consulting
at Booz Allen and Hamilton (Tokyo office). In this capacity as consultant,
he helped clients to establish and implement strategy not only in
pharmaceutical business but also in other area such as chemical and
consumer products. Prior to that, Mr. Morita worked as a research
scientist in the medical research division of Kirin Brewery Co. Ltd
(lately it merged into Kyowa-Hakko-Kirin). At Kirin he was part of the
research and development team that was first to clone Megakaryocyte
Growth and Differentiation Factor (MDGF or Thrombopoietin). Mr. Morita
received both of his BS in Chemical Engineering and MS in Molecular and
Cellular Biology from the University of Tokyo.


Keizai Society wishes to thank its sponsors:

Intrax Cultural Exchange
Tazan International
Fenwick & West
Wilson Sonsini Goodrich & Rosati
USAsia Venture Partners
ZL Technologies
SunBridge
Union Bank


2010年09月30日


rocktober
今週末サニーベールのダウンタウンでは、ビールと音楽を楽しむストリートフェスティバル、Rocktober Festが開催される。サニーベール商工会議所は毎年6月にアートアンドワインフェスティバルを開催しているが、秋のRocktoberfestは今年始めて。地元レストランのブースが多数出店する他、地ビールのほか、ワイン、マルガリータも楽しめる。


商工会議所としては、こうしたイベントの参加企業からの出展料とドリンク売上が重要な収入源なんですね。
という訳で、またドリンクブースに駆り出されました。是非遊びにきて見かけたら声をかけてください。


2010年09月13日


************************************************************
KEIZAI SOCIETY U.S. - JAPAN BUSINESS FORUM
************************************************************

不況からの脱出

パネリスト:

Daniel Okimoto
Director-Emeritus, Shorenstein APARC
FSI Senior Fellow and Professor of Political Science (former), Stanford University

Keitaro Matsuda
Senior Vice President, Director of Economic Research for Union Bank

Hirofumi Takinami
Visiting Fellow, Shorenstein APARC, Stanford University
Visiting Scholar, Policy Research Institute of the Ministry of Finance, Japan

2010年9月28日(火)
登録およびネットワーキング: 5:30 - 6:00 p.m.
イベント: 6:00 - 8:00 p.m.
801 California St., Mountain View, CA
Fenwick & West LLP

大きな地図で見る


軽食とソフトドリンク

料金:
9/24 11:00pm までに登録の方: $20
9/27 5:00pm までに登録の方:$35
当日参加の方:$50
(当日参加は歓迎しますが、席に限りがあります。)
服装: ビジネスカジュアル
経済ソサエティのウェブサイトで登録してください。www.keizai.org

Ustreamによるインターネットライブ放送
料金:無料。9/26 5:00pm(日本時間 9/27 9:00am)までに登録してください。
登録した方には、インターネット放送の詳細を 9/27にお送りいたします

イベントの概略

この経済不況の中、我々は今どこにいて、どこに向かっているのでしょうか?
今回の経済ソサイエティは、「不況からの脱出」というトピックについて、
個性的で洞察力のある3人のパネリストに語っていただきます。現在、世界経済
の根底には、楽観的、悲観的な様々な事象があります。このイベントは、不況を
回復をするために、経済コミュニティの前に横たわる重要な手がかりについて
考えさせられるものになるでしょう。

Daniel Okimoto氏は、現在の不況にどう対処するべきかということを、日米両
国での国内および国際的な観点から語っていただきます。「二番底」不況は何
が危険なのでしょうか?経済展望の中で、何が悪いことの前兆と考えられるの
でしょうか?公共政策当局者が今よりもっと経済を悪化させたり平滑化させた
りするとしたら、何があるのでしょうか?日米両国とも、国内で経済を回復さ
せようと、様々な政治的、経済的挑戦をしています。ではこれら二国はどこに
向かっているのでしょうか?

Keitaro Matuda氏は、現在は景気後退のどの位置にいるのか? 今後の考えられ
る展望はどのようなものなのか?といったテーマについて語っていただきます。
希望がもてる要因はあるのでしょうか?「二番底」不況を避けるにはどうすれ
ばいいのでしょうか?米国やその他の国の政府は、「二番底」を避けて順調に
経済回復を促すために、どのような手順を踏むのでしょうか?我々はこの経済
恐慌から、金融危機というのは世界の国々に非常に早く伝わるものであるとい
うことを学びました。この経済危機から我々自身を救い出し、未来もこういう
事態が起こらないようにするにはどうすればいいでしょうか?

Hirofumi Takinami氏は、1997年と2008年に起こった経済危機について、日本と
米国の反応の違いについて語っていただきます。特に、金融危機に取り組むた
めの金融機関への救済策の中で、何が命運をわけるのでしょうか?世界の二大
経済大国を襲った経済危機の経験から、何が読み取れるのでしょうか?

経済ソサイエティの2010年のテーマは「Catch the Next Wave ? New Opportunities
for 2010」です。このフォーラムは、世界経済がどのように不況から回復し、
次の波にのり、そして、次々にやってくる新しいチャンスを掴むのかに焦点を
当てて開催しています。名刺をたくさんお持ちになり、イベントの参加者と名
刺を交換してください。苦境の時期は、ネットワークや助け合いが重要です。
Next Waveの力を拡散するために、このメールを知り合いの方に転送してください。


Daniel Okimoto is a senior fellow of FSI, director emeritus of Shorenstein
APARC, and a professor of political science at Stanford University. His
fields of research include comparative political economy, Japanese politics,
U.S.-Japan relations, high technology, economic interdependence in Asia, and
international security. During his 25-year tenure at Stanford, Okimoto has
served as a research fellow at the Hoover Institution and the Northeast
Asia-United States Forum on International Policy, the predecessor
organization to Shorenstein APARC, within CISAC. He has also taught at the
Aspen Institute for Humanistic Studies, the Stockholm School of Economics,
and the Stanford Center in Berlin. In 1976, Okimoto co-founded Shorenstein
APARC. He has also been vice chairman of the Japan Committee of the National
Research Council at the National Academy of Sciences, and of the Advisory
Council of the Department of Politics at Princeton University. He received
his BA in history from Princeton University, MA in East Asian studies from
Harvard University, and PhD in political science from the University of
Michigan. He is the author of numerous books and articles, including
Between MITI and the Market: Japanese Industrial Policy for High Technology;
co-editor, with Takashi Inoguchi, of The Political Economy of Japan:
International Context; and co-author, with Thomas P. Rohlen, of A United
States Policy for the Changing Realities of East Asia: Toward a New Consensus.


Keitaro Matsuda is Director of Economic Research for Union Bank, a full-service
commercial bank headquartered in San Francisco, California. He is the only bank
economist based in the state. Mr. Matsuda monitors economic trends and
developments for Union Bank management and customers, primarily focusing on the
economies of California and the Pacific Northwest. He also tracks economic
trends in Asia and the Pacific. Mr. Matsuda has more than 20 years of experience
in the United States with Union Bank and its parent company, The Bank of
Tokyo-Mitsubishi UFJ, Limited (BTMU). He is a member of the Economic Advisory
Committee for the American Bankers Association. Mr. Matsuda received his MBA
from Stanford University, and an undergraduate degree from the University of
Tokyo. He lives in the San Francisco Bay Area. UnionBanCal Corporation is a
financial holding company with assets of $85 billion at March 31, 2010. Its
primary subsidiary, Union Bank, had 397 banking offices in California, Oregon,
Washington and Texas and two international offices as of May 10, 2010.
UnionBanCal Corporation is a wholly owned subsidiary of BTMU, and is a member of
the Mitsubishi UFJ Financial Group, one of the world’s largest financial
organizations.


Hirofumi Takinami is a Visiting Fellow, Shorenstein Asia-Pacific Research Center,
Stanford University as well as a Visiting Scholar, Policy Research Institute,
Ministry of Finance, Japan (MOF). He is former Director of the MOF. After
joining the MOF in 1994, Takinami held many positions in the Japanese government
including policy coordination and management positions such as: Deputy Cabinet
Counsellor in charge of coordinating domestic and economic policies at the
Cabinet Secretariat (i.e. the Prime Minister’s House), Director of Office for
Planning on Personal Management, and Deputy Budget Examiner on social security
expenditures at the MOF. In addition to such positions related to domestic
policy, he has also worked on international issues, attending meetings as one of
Japanese delegation, including Ministerial-level meetings of APEC (Asia-Pacific
Economic Cooperation) and ASEM (Asia Europe Meeting) etc. While dispatched to
the Ministry of Justice, he served as Special Advisory Staff to the
Director-General of Criminal Affairs Bureau, addressing international economic
crimes. Takinami graduated from the University of Tokyo in 1994, earning his
Bachelor of Laws. In his first dispatch to the US by MOF, he received his Master
of Public Policy from the University of Chicago in 1998, with a major in finance
and public finance. He holds a US CPA (Certified Public Accountant). Reflecting
his wide range of working experience, Takinami’s publications cover various
issues including the reform of special accounts system of the Japanese national
budget and the international treaty against computer crime. Takinami was born
and raised in Ono, Fukui, the prefecture next to Kyoto, known for producing many
CEO’s in Japan. He is proud of inheriting the virtues “diligence, honesty and
gratitude” of this snowy country.

Keizai Society wishes to thank its sponsors:

Intrax Cultural Exchange
Tazan International
Fenwick & West
USAsia Venture Partners
Wilson Sonsini Goodrich & Rosati
Union Bank
ZL Technologies
Sun Bridge


2010年08月02日


第七回を迎えるシリコンバレー寄席の開催詳細が決まりました。今年は、場所をサンノゼのユニオンバンク三階イベントホールに移し、9月5日午後3時30分からとなります。また、今回も圓橘師匠のご好意により当日本公演前に、地元の日本語を喋る子供たちを招待して、無料の子供のための落語会も開催されます。(子供のための落語会の詳細については、シリコンバレー寄席オフィシャルサイトで後日発表となります。)
本公演後には恒例の師匠との懇親会及びネットワーキングも実施されますのでお楽しみに。

今回は演目について、現地の日本人が最も聴きたい噺をお届けしたいと、師匠がリクエストに答えてくださるそうです。落語好きな方で、是非この噺を聴いてみたいというリクエストのある方は、下記のフォームからリクエスト下さい。

チケットは今回は本公演が一人25ドル、懇親会が15ドルとなります。本イベントはベイエリアの落語ファンが手弁当で利益を出さずに実施しているイベントです。趣旨に賛同して、今後も継続して行くために協力したいという方は、是非、個人スポンサー席は(100ドル)をお求めください。当日最前列の特別席をご用意させて頂きます。

また、当イベントでは企業スポンサーも募集しています。

お問合せは、シリコンバレー寄席事務局まで
シリコンバレー寄席 オフィシャル BLOG



2010年07月30日


兼子裕代写真ワークショップ、グループ展のお知らせ
8 月 1 日〜 31 日まで、紀伊国屋 San Jose 店でワークショップメンバー 8 人によるグループ展が開催されます。 写真家・兼子裕代の 30x40 インチの大きな写真も展示されていますので、お近くにおこしの際はぜひご覧ください。 workshop 兼子裕代写真ワークショップ、グループ展のお知らせ

2010年06月29日



singakuDownload file


日時:7 月 11 日(日)10:00am~12:00pm
場所: 三育学院サンタクララ校 メディアセンター
講師: 原田誠先生 マックスキャリア&エデュケーション代表
参加費:無料(お誘い合わせの上ご参加ください)
申込: 参加申込はオンラインで www.saniku.org
対象:メインは 9 月からシニアになる学生(もちろん、その他の皆さんの参加も歓迎いたします)

100 年に一度の経済危機、混迷を極める社会情勢の中、色々なところで大きな変革が起こり始めています。 大学進学も例に漏れず、現在アメリカの大学進学は大きく変化してきています。その変化に対応するためには、 ひたすら自分自身の価値を高め自身を磨くこと そして、常に情報をアップデートしておくこと が肝要です。
␣ 自分を磨き、自身の価値を高めるのは、本人の努力と責任 そして、保護者のサポートが鍵。 ␣ では、情報のアップデートは・・・・・・・・・・・・・・そうです「はずさない大学進学セミナー」が鍵。

Topics

2010 アメリカ大学進学対策! 変わるアドミッション!!
これまでの常識は通用しない。 君にとってこれはピンチ? それともチャンス? アドミッションの双方向化 は今後も進んでいく・・・君は大学側から見て魅力的な学生か! (Enrollment management の視点で)

12 年生(シニア)になる前にやっておくべきこと
この夏休みの過ごし方で進学準備にグッと差が出る! 出遅れないためにできることは・・・

とっておきの大学リスト
学生の状況別、タイプ別でリストアップ・・・ ずばり、こんな人にお薦めの学校はここ! 目からうろこの学校選び、自分の価値を最も高めるためのポイントはこれだ!

やっぱり気になるのは学費の問題 ファイナンシャルエイド情報
州立大学の学費高騰 私立大学奨学金はどんな学生に 不況下の奨学金獲得戦略とは!! 「家は私立は無理」のイメージはいまだ根強い・・・それは事実? それとも先入観?


2010年06月28日


SVJENのネットワーキングパーティが明日に迫りました。場所は前回と同じ、食事が美味しいことで評判のMt. ViewのFu Lam Mumです。SVJENのネットワーキングパーティは堅苦しいスピーチや余興など一切ありませんので、じっくりネットワーキングを楽しんでください。起業家でなくても、起業を考えている人、起業家に会ってみたい人、または友人を増やすだけの目的でも歓迎です。お気軽にご参加ください。編集長もスタッフとして参加していますので、見かけたら声をかけてくださいね。

SVJEN夏のネットワーキングパーティーのお知らせです。

毎年恒例「夏のネットワーキングパーティ」を6月29日(火)に開催することになりました!

今回もネットワーキングのみならず、前回の忘年会で大好評であった出展ブースやドアプライズをご用意しておりますので、ビジネスをしながら楽しめるSVJENならではのネットワーキングパーティとなって
います!同僚、お友達、ご家族(大人限定)をお誘い合わせの上、奮ってご参加ください。

なお、出展ブースは数に限りがありますので、ご関心のある方はお早めにお問い合わせください。

日時:6月29日(火)午後6時 - 午後9時まで
場所:Fu Lam Mum Chinese Seafood Restaurant
153 Castro St. Mountain View, CA 94041
参加費:30ドル(当日参加の方40ドル)
登録サイト:http://svjen.org/archives/events/cat15/svjen_5.html


■出展ブース、希望者募集!!

★出展企業の特典★
1)一社あたり中華丸テーブル一つ&椅子2脚
2)パーティ参加料免除(1名分)
3)商品、サービスの販売可

★出展ルール★
1)装飾、展示物などはテーブルにのる範囲内
2)飲食物は不可
3)スピーカーを使って音を出すのは不可

★出展料★
現金100ドルor 100ドル以上のドアプライズ提供
(ドアプライズ:公に販売されている価格で誰でも利用できる商品に限る。
例えば100ドルのMacy'sギフト券)

(問い合わせ先:ラッキーみちる@ info@svjen.org )

☆スポンサー企業☆
Sughrue Mion
http://www.sughrue.com/
知的財産法専門法律事務所


2010年06月14日


箱根ガーデンの3個の建物のうち最も新しい文化交流センター(CEC)は、京都府八幡市にあった江戸時代後期の茶葉屋を模したものであり、京都の町屋形式を表す貴重な建物である。このCECは1990年に起工式を行い、1992年に完成したものであるが、これまでこの建物がどういう経緯で箱根ガーデンに建設されたか、誰がこの建設に貢献したかについての記録が公表されていない。 このたび、箱根財団理事会ではCEC起工式20周年を記念して、この建物の建設に貢献があった京都府向日市在住の日本伝統建築家安井清氏と愛知県犬山市在住の医師永井盛人博士を表彰し、その功績を記した碑をCECに設置することを決めた。碑の除幕式及び表彰式は,永井医師の出席の下、2010年6月16日夕刻箱根ガーデンで行われる。この表彰式では、在サンフランシスコ日本国総領事による表彰、サンタクララカウンティよりの表彰、サラトガ市よりの表彰も同時に行われる。 安井清氏は40年間に亘り箱根ガーデンのメンテナンス支援を続けてこられ、とくに日本より竹の根を持ってきて現在の竹林を構築した方である。箱根ガーデンをもっと人の交流ができる場所にすることを願い、このCECの建設を企画、実行した。建築材料のみならず茶葉屋の茶壷、茶箱、階段箪笥などのオリジナルな道具類を日本から持ち込み、出来るだけ当時の茶葉屋の雰囲気を出すことに専念された。そして、この費用の相当な部分は永井盛人医師の寄付によってまかなわれた。
http://www.hakone.com/

2010年06月05日


haiti

HAITI BENEFIT CONCERT
Saturday, June 12, 2010  4:00PM 〜(Door Open 3:30PM)

Union Church of Cupertino
20900 Stevens Creek Blvd. Cupertino CA 95014
(near Stelling Rd. / Across from the Whole Foods Market)

Admission: Free
Donation accepted both cash and check (payable to Satsuki-Kai, Inc.)
Tax receipt available.
All proceeds benefit
• • • Save the Children's Haiti Earthquake Children in Emergency Fund • • •

Performers
Satsuki-kai Chorus
Choral Cosmo
Continental Harmony
Ensemble EK
Friendship Singers
Harmony'84
Mindy Music Jazz band
Shalom Singers
Other

www.satsuki-kai.org


2008年01月10日


transformer.jpg今日からサンノゼのマクエナリ展示会場で、2008年シリコンバレー国際オートショーが開催される。開催期間は今日から日曜日まで。入場料は大人9ドル。目玉は映画トランスフォーマーに登場した、カマロ「Bumblebee」が展示されるほか、世界一高価な185万ドルのブガッティVEYRONなども見られる。また、自動車ゲームのコーナーやトヨタトラックによるオフロード体験コーナーなども用意されている。

2008 Silicon Valley International Auto Show


2007年12月12日


日本でもベストセラーとなった「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキがサンフランシスコにやってくる、という広告が新聞に載っていました。 詳しい日時場所は電話しろと書いてあったので、興味のある方は今朝の新聞を調べてみてください。

このオジサン、「お金のために働くな、お金を自分のために働かせろ」とか言ってるわりには、随分熱心に全国を回る営業公園を続けていますね。 どうも私から見ると、お金のために働かされている忙しそうなオッサンに見えてしまいます。

こんなイベントにノコノコ参加したら、「私は金持ちになることと投資に興味があり、ロバートキヨサキにはだまされても良いかもしれないと思っています」と胸にバッチを着けて狼の群れに一人歩み入って行くようで私にはとても怖くてできません。 

まともな有意義なイベントかもしれないのに、ネガティブなコメントで失礼しました。 だからきっと私はいつまでたってもアサートンに家が建たないのでしょう。 ロバートさんもお金持ちになる方法をみんなに伝授したくて我慢できないんでしょうね。


2007年10月15日


yose3.jpg

おかげさまで、第五回シリコンバレー寄席は大盛況となりました。 参加された皆様、ありがとうございました。 関係者の皆様、お疲れ様でした。 次は2009年新春寄席となります。

打ち上げでちょっと飲みすぎて二日酔い気味のため、今日は通常のニュースの更新はサボります。


2007年10月09日


naku.gif
とうとう今週末に迫りました。 師匠は今回はニューヨークでも公演があり、一足早く日本を飛び立ってニューヨークへ向かっているところと思われます。 師匠のサンノゼ入りは金曜日。 本番は日曜日です。 好評の子供のための落語はすでに満席ですが、第二部は多少チケットに余裕があるようです。 といっても、当日会場に来ても入れない可能性があるので、今のうちにこちらでチケットを確保しておいてください。

過去に寄席に参加された方からのコメントです。

生まれて初めて生で落語を聴いたのが「文七元結」でした。 人目をはばからず、大泣きしてしまいそれ以来「圓橘ファン」です。噺の中に引きずり込まれた~って感じでしたね!

落語というと、笑点とかお笑いを連想しますが、上手な落語の人情噺は本当に泣けます。 数億円かけて作られたハリウッド映画ではなく、目の前でマイクも通さずに語られる話で感涙するなんていいと思いませんか。

前回、生まれて初めて、生の落語をみました。 落語って、映画より映像がはっきりと前に見えるものだというのをこのときに思いしりました。 というのも、師匠の落語が、臨場感があふれたものだったので、 目の前に江戸時代の街並みが見えてきてしまって、自分がその時代に いる錯覚に陥りました。すっかりタイムカプセルにのった私は、 あれから、はまってしまった私は、日本に帰国のたびに落語を見に行くように なってしまいました。 けど、日本で聞くより、サンノゼのほうが、場所が寄席のサイズなので、とても臨場感があふれます。 めったにない機会ですので、皆さん、お見逃しなきよう! 追伸・・・実は、娘もハマりました。。アメリカ生まれのアメリカそだちでも あの臨場感あふれる話は、印象に残ったようです。

今回は、あの「文七元結」も演目に含まれているので今から楽しみです。


2007年10月04日


Puffy
コンサート情報を見ていたら懐かしいものみつけました。 アニメはたまに再放送でみかけますが、まだこちらで活動していたんですね。 オフィシャルサイトにいろいろ情報ありました。 ツアーはカリフォルニアの後に日本にも行くようです。 米国のツアーは対象が ALL AGES となっているので、やはりアニメファンのちびっこも対象なのかな。

日本のアーティストをこっちへ持ってきてそれなりに成功した数少ない例ではないでしょうか。 野球選手にように実力勝負に耐えられるアーティストが少ないのかな。 それともプロデュースの方法が間違っているのか。 後者かな。


2007年09月27日


日本側スタッフのつじさんから、師匠の近況が届きましたので、寄席オフィシャルブログに掲載しました。

日本ではアメリカの陪審員制度などを参考に、 国民から選ばれた裁判員が裁判官とともに 刑事裁判の審理に参加する制度が2009年から始まります。 法務省ではこの制度の啓蒙普及活動にいろいろな試みを 仕掛けています。 10月6日には赤レンガ秋祭りと称して、 模擬裁判「みんなで判決」等と共に、 我らが三遊亭圓橘師匠が「赤レンガ寄席」のプログラムに 参加することが決まりました。

続きを読む


2007年09月25日


blog_banner_168.jpgいよいよ来月に迫ったシリコンバレー寄席関連の記事をオフィシャルブログに二件更新しました。 

チケットも一部はほぼ満席、二部も残りわずかとなっています。 

チケットのお求めはオンラインでお早めに!


JAL国際線落語チャンネルに圓橘師匠


圓橘師匠紹介記事より

日本のTV番組‘笑点’でおなじみだった司会者三遊亭圓楽の一門で、鳳楽、好楽、圓橘、楽太郎の四天王の一角です。タレント的に笑いを取るようなTVに出ないので馴染みが薄いかも知れません。高座の現場を重視し、じっくり噺を聞かせる本格派です。世話物、下町庶民の世界、郭話など古典のほかに岡本綺堂「礒部のやどり」や、樋口一葉「大つごもり」など読み物を噺に直し高座に掛け続けています。下町育ちで今も住んでいる深川を愛し、深川江戸資料館で毎月「圓橘の会」を開催、今年の9月で247回つまり二十年を越える地道な活動で門下を育てつつ本人も研鑽を積んでいます。アメリカで活躍する野球の日本人選手同様、古典芸能を紹介する本物の噺家を我々は応援しています。 ちょうど9月のJAL名人会出演で圓橘師匠の実物(ナマ圓橘?)をご覧になれます。どうぞご期待下さい。                               圓橘友人 辻 記 http://www.jal.co.jp/inflight/inter/09/audio_magic11.html

2007年09月01日


本日から、シリコンバレー寄席のチケットのオンライン販売が始まりました。 昨年は2日間の公演で満員御礼となりましたので、1日のみの公演となる今年は売り切れ必至です。 チケットの確保はお早めにどうぞ。

シリコンバレー寄席:オンラインチケット購入はこちらから


2007年08月31日


events_fireworks2.jpg
サンタクララのグレイとアメリカでは9月2日の日曜日、花火と音のイリュージョンショーが行われる。 夏休みが終了し、グレイトアメリカは今後10月28日まで週末のみの営業となる。

花火は入場しなくてもグレアメの駐車場からよく見えますよ。 早めに行ってパーク側に車の後部を向けて駐車しておくのがポイント。 中にはバーベキューの準備までして花火見物しているテイルゲイターさんもいたりします。 で、花火が始まると音と振動で無人の駐車車両のセキュリティアラームの大合唱が始まってうるさいわけです。


2007年08月16日


シリコンバレー寄席の開催時間と場所が発表になりました。

公演時間が下記のとおりに決定しました。

開場 13:30
第一部[こどもたちのための落語のつどい] 14:00ー15:00

開場15:30
第二部[円橘の会] 16:00ー17:30

懇親会は第二部終了後になります。

公演場所は去年と同じサンノゼジャパンタウンのSUSHIMARUのある未来堂ビルディング内の多目的ホールです。 (550 North 6th Street, San Jose. Jackson StreetとN 6th Streetの角にあるビルです)

「子供のための落語のつどい」は午前の部と表記していましたが、実際には2時スタートになりました。 ご注意ください。


2007年08月14日


yose.jpg

今年もやって参りました。 三遊亭圓橘師匠をはるばる日本から招いて開催される「シリコンバレー寄席」。 今回は第5回目となります。

第5回シリコンバレー寄席 オフィシャルブログ (←ここをクリック)

昨年は、三遊亭小圓朝師匠の真打昇進、襲名披露も兼ねて二人会を二日間開催しましたが、おかげさまで両日とも満員御礼の運びとなりました。 (第4回シリコンバレー寄席

今年は、スケジュールの都合で三遊亭圓橘師匠一日のみの開催となりますが、みなさんに楽しんでいただきたいという気合だけは昨年に負けていません。 今回は師匠のご好意で日本の伝統文化に触れるチャンスの少ない子供たちのために、無料の落語教室も開催されます。

落語の開催日は10月14日。 チケットの発売は9月1日からオンラインで発売されます。 当日に出張やデートが重ならないように、今のうちにカレンダーにマークを入れて置いてください。

シリコンバレー寄席の詳細は今後も、地方版でも定期的にご案内いたします。

■公演内容
第一部[こどもたちのための落語のつどい]
[寿限無]か[小咄の世界]を取り上げて、実技編として親子で競演して戴きます。

第二部[円橘の会]
音曲噺[包丁]
人情噺[文七元結]
*内容は予定です。 予告無く変更になる場合があります。

■ チケット
午前: 子供のための落語のつどい 参加無料(事前申し込みが必要となります)
「子供のための落語のつどい」の受付につきましては準備ができましたら、こちらのブログでお知らせいたします。

午後:一般の部
一般 落語のみ $30
一般 落語+懇親会 $55

スポンサー(企業) 一口 $500
スポンサー(個人) 一口 $100
スポンサー様には一口あたり、落語の特別席チケットが一枚発行されます。 懇親会費用($25) は別となります。

懇親会では鏡割りがあり、ドリンク、寿司、中華の食べ放題で師匠を囲んだ懇親会です。 ソーシャルネットワーキングの場としてもご利用ください。

チケットは9月1日より、こちらのサイトで昨年同様オンラインでの販売となります。 尚、スポンサー様につきましては随時受け付けておりますので、お問い合わせください。

オンラインでのチケット購入が困難な方はチケット発売後、寿司豊味で現金での購入を受け付けます。

■ スポンサー

シリコンバレーフィッシングクラブ、JFC、NA SALES、西本貿易、I.M.P.FOODS、サッポロビール、アサヒビール、松竹梅、寿司国、ごち、六甲、ごんべい、久保田、ぎょーざの花、まるいち、寿司まる、豊味寿司、寿司豊味、MediaCraft Labs.

シリコンバレー寄席は利益を目的としていないイベントです。 地元企業と落語ファンの個人の皆さんのご協力と応援で成り立っています。 正規チケットの発売に先駆け、シリコンバレー寄席の趣旨に賛同していただける企業、及び個人のスポンサー募集を開始しました。 

個人スポンサー:一口 $100~
企業スポンサー:一口 $500~

一口につき、スポンサー席を一席ご用意させて頂くほか、師匠が日本から直接持参される素敵な記念品もご用意しています。 また、スポンサーの皆様の名前は(ご同意いただけた場合に限り)こちらのブログと当日会場にて掲示させていただきます。 地元企業のみなさま、是非宣伝の機会としてもご活用ください。

お問い合わせは:chef@sushitomi.com まで

第5回シリコンバレー寄席 オフィシャルブログ


2007年08月10日


サンタクララの愛護協会ではシェルターで預かっている犬や猫の引き取り手を捜すために、今週土曜「Carnival of Animals」というイベントを実施する。 イベントは入場無料で動物たちによる「お座り:待て」コンテストや、ボーリングなどの催しを行うほか、来場者が猫のケージに隠された文字を探してゆく「sCATenger contest」が企画されている。 現在シェルターには通常の倍近い100匹の猫がいるほか、フォスターケアで里子に出ている子猫もさらに100匹ほどおり、猫の飼い主を早急に見つけたいとしている。

入場は無料ですが、引き取る場合は虚勢手術費用など手数料$175が必要になるそうです。 シェルターに引き取られた動物といっても、フォスターケアやシェルター内で訓練を受けて、ペットとして問題ないと認められた猫や犬たちなので、お金を出してペットショップから買うより安心で安全のようです。


2007年08月03日


スティービー・ワンダーが12年ぶりにベイエリアの2箇所ででコンサートを行う。 
8/24 Sleep Train Pavilion (Concord)
9/4 Mountain Winery (Saratoga)
チケットは月曜10時から下記サイトで発売。
www.livenation.com
www.ticketmaster.com

プロモータによると過去のヒットソングを全部歌うそうです。 マウンテンワイナリーの狭い会場でスティービーワンダーを聴けるというのはいいですね。 チケットはコンコードの$35.50~よりちょっと高くて、$99.50~だそうです。


2007年07月31日


今年もカウンティフェアがやってくる。 今年は開催日数を3日から5日に延ばして水曜日から日曜日までTully Roadのカウンティフェアグラウンドで開催される。 今年は開催期間が延長されただけでなく、入場料も大人5ドルから8ドルへ、子供3ドルから5ドルへ値上げされる。 これには、毎年減少し続けている入場者数と膨らんでいる赤字を打開するためで、今年も利益がでないようであれば、財政赤字に苦しむサンタクララ・カウンティとしては来年の開催は見直さざるを得ないという崖っぷちの状況によるものだ。 フェアの入場者は2004年に10万人を超えたのをピークに、2005年が6万人、昨年は3万1千人と、毎年大幅に減少。 赤字も昨年は17万ドルに上り、1997年以降赤字が続いている。

好きなんですけどねー。 あの、田舎のお祭りっぽい雰囲気。 BBQにポップコーン、花火、インチキっぽい屋台や、壊れそうなジェットコースター。 無くなってしまっては寂しいので、今週末にかけて暇な人は、是非行ってみましょう。 ライブで登場するバンドも今年は気合が入っているようですよ。 関係ないけど、サイトのドメイン名が TheFair.org ってのもすごいね。



今年もカウンティフェアがやってくる。 今年は開催日数を3日から5日に延ばして水曜日から日曜日までTully Roadのカウンティフェアグラウンドで開催される。 今年は開催期間が延長されただけでなく、入場料も大人5ドルから8ドルへ、子供3ドルから5ドルへ値上げされる。 これには、毎年減少し続けている入場者数と膨らんでいる赤字を打開するためで、今年も利益がでないようであれば、財政赤字に苦しむサンタクララ・カウンティとしては来年の開催は見直さざるを得ないという崖っぷちの状況によるものだ。 フェアの入場者は2004年に10万人を超えたのをピークに、2005年が6万人、昨年は3万1千人と、毎年大幅に減少。 赤字も昨年は17万ドルに上り、1997年以降赤字が続いている。

好きなんですけどねー。 あの、田舎のお祭りっぽい雰囲気。 BBQにポップコーン、花火、インチキっぽい屋台や、壊れそうなジェットコースター。 無くなってしまっては寂しいので、今週末にかけて暇な人は、是非行ってみましょう。 ライブで登場するバンドも今年は気合が入っているようですよ。 関係ないけど、サイトのドメイン名が TheFair.org ってのもすごいね。


2007年07月27日


毎年恒例、全米から多くの来場者が集まるというギルロイのガーリックフェスティバルが今日スタートする。 自称、世界のガーリックキャピタルというギルロイだが、現実は厳しく安価な輸入ガーリックと土地の高騰などにより、ガーリック農場は減る一方で現在サンタクララカウンティ全体でもガーリックを栽培しているのは3つの農場を残すのみとなってしまった。 10年前にはカウンティ全体でガーリック農場は350エーカーあったが、現在では50エーカーを少し超える程度。 逆にちゅうごくからの輸入は2002年が2万トン弱だったのに対し2006年は6万2千トンとなっている。

3ベッドルーム一軒で1億円近いというこの土地でニンニクを栽培するってのも贅沢な話で。 それこそもっと適した場所があるなら輸入でもちっとも構わないと思います。 


2007年07月26日


サンノゼダウンタウンの公道に作られたコースを使用して、フォーミュラーカーがレースを行うサンノゼグランプリが明日開幕する。 サンノゼ・グランプリは一年をかけて世界19箇所のコースを回るChap Carレースのシリーズ第12戦。 明日27日はプラクティスセッションが二本、クオリファイングセッションが1本行われる予定。 本番は29日の日曜。

何年か前に日本から来ていたレース好きの友人を連れてモントレーのラグナセカまで見に行きましたが、なかなかの迫力でした。 F1ともなるとチケットも高いし人も多いので、見に行くのも大変らしいですが、ビール片手に会場を歩き回って好きなところで(一部有料席)気軽に見れる手軽さがよかったです。 当時は日本人ドライバーも参戦していましたが、今回は前のレースのリザルトをみたところ、日本人らしい名前はありませんでした。



18シーズンを迎える人気アニメ「ザ・シンプソンズ」初の劇場版が明日から全国の映画館で公開される。

各所でタイアップイベントが盛り上がっていますが、逆に評論家の試写会レビューはあまり良くないコメントが多いですね。 ってか、シンプソンズみたいな映画を真面目に評論しようとしている時点で負けってきもします。 映画の冒頭でホーマーが客席を指差し「テレビでタダで見れるものをわざわざ金払って見に来ているオマエラはマヌケだな」なんていうシーンから始まるそうです。


2007年07月19日


サンノゼの無料野外コンサート、今日はビートルズのトリビュートバンド、ホワイトアルバムが登場する。 これにあわせて、午後1時から11時の間 Market Steetの San Fernando、 San Carlos間の南向き車線が閉鎖される。 ミュージックインザパークの開催に合わせて道路が閉鎖されるのは今回のみの予定。

一番の来場者数を見込んでいるということでしょうか。 たしか、アルバムAbbey RoadとLet It Beを全曲演奏する予定でしたね。 行きてー。 


2007年07月03日


もう昨晩あたりから方々でパンパンやってますが、メインは明日の独立記念日ですね。 サンタクララのセントラルパークなどは規模が大きいですが、大小それぞれ同時多発的にあがるので、高台からバレー全体を見下ろすのもオツらしいです。

Fireworks and festivals for the Fourth


2007年06月22日


gayparade.jpg今週末にサンフランシスコでは毎年恒例の、ホモ・オカマ・レズビアンの祭典「Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender Pride Parade」が行われる。 世界中から観光客を集めるパレードは24日日曜日10時半から。 このイベントにあわせBARTでは特別ダイヤで列車の本数を増やして対応する予定。

もともとゲイ・プライド・パレードとかいう名前だったと思うんですが、レズビアン・ゲイ・倍セクシャル・トランスジェンダー・プライドパレード、と随分長ったらしい名前になってしまって、略してLGBTだそうです。 ようは、ストレートじゃない人はなんでもアリなのかな。 これも怖いもの見たさで一度行ってみたいと思いつつ一度も行った事が無いのですが、かなり陽気で楽しそうですよね。


2007年06月13日


prix.jpg
今年で第三回となるサンノゼの公道グランプリ、San Jose Grand Prix で今年はスポンサーの協力で初日27日金曜日のフルディパスの無料で入手可能となる「Fast Friday」キャンペーンが実施される。 25ドル相当の一日無料券を入手する方法は以下の通り:

1. キャンペーンに参加しているバドワイザーの小売店ブースで申し込み(商品の購入は不要)
2. Burlingame のゴーカート、Go-Kart Racer でレースセッションを購入
3. Hertzのサンノゼエリアの店舗でレンタカーを利用
4. KNTV.COM でオンライン申し込み
5. マーキュリーニュース紙面に申し込み方法
6. Smoke Tiki Lounge(サンノゼ Post St.)で Big Kahuna Platterまたは Smokedの料理を注文
7. 24-Hour Fitness店舗でメンバーに加入
8. Valley Fairでコンシェルジェから貰う


キャンペーンがスタートする7月1日以降、上記のいずれかの方法で貰った引換券を当日午前7時以降にグランプリのゲートにあるチケットブースでFull Day Passに交換してもらうことが可能。

SAN JOSÉ GRAND PRIX ANNOUNCES "FAST FRIDAY" PROMOTION

なんだかかもくんの底値情報みたいになってきました。 KNTV.comかマーキュリーニュースってのが一番簡単そうですね。 買い物に行く人はバリフェアかな。 コンシェルジェってのは受付嬢のことでしょうか。


2007年06月05日


Music in the Other Park - Eek-A- Mouse
日時:6月7日5時半から
場所: Caesar Chavez Park (South Market Street San Jose, CA 95113)
サンノゼダウンタウンの公園で開催される無料ライブ、「Music in the Park」にEEK AMOUSEがやってくる。 レゲエファンなら知っている人は知っている大御所。


2005年08月10日


jazzfest.jpg今年で16回目になる恒例のサンノゼ・ジャズフェスティバルがこの週末に開催される。 ダウンタウンに設営された9つのステージでは4日間の間に80を越すバンドがトラディッショナルジャズをはじめ、ラテンジャズ、サルサ、ブルースなどを演奏する。 ジャズフェスティバルには毎年15万人を超すファンが集まる。 入場が無料なのも嬉しい。 イベントのホームページ(こちら)では、毎日のスケジュールや参加バンド全リストが確認できる。 


2005年08月02日


fair.jpg毎年恒例、夏の風物詩サンタクララのカウンティフェアが今週末開催される。 場所はいつものカウンティ・フェア・グラウンド(344 Tully Road , San Jose, CA 95111)。 今年も入場は無料だ。

jake.jpg出不精の編集長は地方版で紹介したイベントに実際に足を運ぶことが少ないのですが、これだけは毎年通っています。 危なっかくてインチキくさい移動遊園地や、ホットドッグにポップコーン。 牛や豚の品評会やステージでの各種コンテンスト。 ビール片手に夏の長い午後をのんびり時間が過ぎるのを楽しんでいるとやがて始まる花火。 あの雰囲気が好きなんです。


2005年07月19日


garlic.jpg今年もやってきましたギルロイ・ガーリックフェスティバル。 場所はギルロイのクリスマス・ヒルパーク。 入場料は大人12ドル子供12歳まで6ドル、6歳以下無料。 ギルロイの名産品であるニンニクをつかった様々なフードブースのなかでも有名なのはガーリックアイスクリーム。 世界的にも有名なこのフェスティバルにはこれまで通算で3百万人が訪れている。 ガーリックを使った料理ショー、Garlic Cook-offやクラフトショップ、子供用のプレイエリア、音楽生演奏などで一日楽しめるイベントだ。

jake.jpgイベントで配られたボブルヘッドのハービー君が希少価値となり、EBayで数倍の値段になったこともありましたね。
■関連記事 2002/08/12 (Mon) ■ギルロイ・ガーリックフェアの首振り人形ハービー君、 ネットオークションで高値


2005年07月06日


obonfest.jpgSan Jose Buddhist Church Betsuin(サンノゼ別院)では、7月9日と10日の二日間にわたりお盆祭りを開催する。 時間は二日間とも正午からで盆踊りは土曜日が7:45、日曜日は6:00pm開始。 サンノゼ太鼓、スタンフォード太鼓のパフォーマンスのほか、フードブースも用意される。


2005年07月01日


ちょっと昨日のエントリに補足です。 グレートアメリカの花火は独立記念日当日ではなく、2日土曜日と3日日曜日の午後9時半から。 他に紹介したサンノゼダウンタウンとセンタクララのセントラルパークの花火は7月4日です。 どこかサウスベイ全体を見渡せる高いところから同時多発花火見物をしようと思ってたんですが、グレアメは別でした。



di_rawlings_med_f.jpgイベントカテゴリにしちゃって良いものかちょいと迷いましたがこの週末、夜空を飾るのは独立記念日の花火だけではありません。 7月3日の夜10時52分、NASAの探査機が彗星に衝突し肉眼でも確認できる衝撃がおきると言われています。 この衝突は事故ではなく、彗星の構成物質を調べるためにNASAが洗濯機サイズの探査機を意図的に820ポンドの彗星にぶつけるもので デープインパクト計画と呼ばれている。 このような実験は歴史上初めてのことなので、どんか結果になるかは予測もつかないと、多くの専門家が実験の結果から得られる新しい情報に期待を寄せている。

衝突のインパクトにつては、よほど暗い場所で望遠鏡を向けないと確認できないという説もあれば、肉眼で衝突後もしばらくは立ち込める煙が確認できるはず、という説もあり、初めての試みだけに予測できない点が多い。 ただし、衝突のインパクトは十分に小さいため、彗星の軌道を変えたり、地球になんらかの影響がある心配は無いという。 この衝突が直接見れるのは世界でもアメリカ西海岸とハワイだけだ。
関連ページ:NASA'S DEEP IMPACT

jake.jpg先日も惑星の三連結を見逃したばかり。 今回は肉眼は最初からあきらめてNASAのページでWEB生中継を見ることにしましょう。 しかし、人間は恐れ知らずだな~。 どんな結果になるか予測がつかないとか言ってるけど、予想外の起動変更があって地球に向かってきたらどうすんだろ。 衝突が独立記念日(東海岸時間)に起きるのも、天文台の集まるハワイ、西海岸から見えるのも全部計算ずくなんでしょうな。


2005年06月30日


photo_fireworks1_02.jpgSan Jose's America Festival for Independence
場所:サンノゼダウンタウン Discovery Meadow、土曜日から3日間。 野外大スクリーンで映画の上映など。 花火は月曜の9:30スタート。 花火の様子はKNTVなどのローカル局でも放映される。
その他の花火スポット:
Paramount's Great America
City of Santa Clara July 4th All-City Picnic
どちらも花火は9時半から。

jake.jpgグレアメは花火だけなら混雑するパーク内に入らずに駐車場で車内や車の上から見るのもアリです。 セントラルパークは昼間からピクニックで場所を抑えておいて、ブランケットを持ち込んで芝生に寝転んで花火ってのがいいですね。


2005年06月24日


logo_artsopolis_150.gif今日はソソるニュースネタもなければ時間もないので、EVEN関連のネタ元を紹介します。 シリコンバレー全域のイベント全般ガイド:Artspolis 。 場所や日時の確認からチケットの予約までできます。 実はスタート当初にも一度地方版で取り上げていますが、かなり充実してきました。 お子様向けのアクティビティガイド、Kids Artspolisも夏休みに入って一日中家にいるお子さんをもてあましているご家庭にはオススメ。 地方版のローカルイベントネタも最近はかなりここから拾っています。


2005年06月21日


今年で10周年を迎えるeBayが、お膝元であるサンノゼでオフラインイベント、「eBay Live!」を実施する。 毎年eBay Liveではパワーユーザを集め、コンファレンスやネットワーキング、セミナーなどを実施していたが、10周年にあたる今年は、お祭り色を強めこれまでで最大規模のイベントとなる。 参加は事前に登録が必要。 現時点での早割りが終わった参加費は$70となる。 場所はサンノゼのマクエナリーコンベンションセンターとその周辺。 

jake.jpg最近手数料がアップしてちょっとユーザに顰蹙を買いながらも、業界ナンバーワンを独走中。 eBayで飯を食っている人も結構いますからね。 CEOメグたんのキーノートは木曜日の6時からHPパビリオンです。


2005年06月20日


potter_graphic.gifサンノゼ・ミュージアム(San Jose Museum of Art)では、ハリーポッター第六巻、「THE HALF-BLOOD PRINCE」の発売日である7月16日、午前7時から記念パーティを開催する。 7時から8時までは美術館のメンバー限定、8時から10時までは一般に開放で参加費は無料。 ハリーポッターのキャラクターコスプレコンテストも開催される。 本は事前に購入して持参しなくても、美術館に予約しておくことも可能。

jake.jpg最初の内は子供と夢中になって読みましたが、だんだんダレてきましたね。 本自体は面白いんだけど、続きを読むのに一年以上も待たないとダメってのが、せっかちな編集長にはダメ。 テレビの連続ドラマとか連載漫画なんかが苦手なのも同じ理由かも。 読み始めた以上、最後まで手元に無いと不安なタイプだからな~。


2005年05月31日


artwine.jpg500軒を越えるアートやクラフトのブースが集まるサニーベールのアート&ワインフェスティバルが今年は6月4日と5日の二日間に渡ってサニーベールのダウンタウンで開催される。 AMDがスポンサーとなるコミュニティステージでは地元のバンドやグループの演奏やパフォーマンスが見られる他、今年はPlaza Del Solに第二ステージも追加される。 

jake.jpgお酒が目当てで行く人はつい、「ワインアート」と呼んでしまいますが性格にはアート&ワインなんですね。 年間を通じて各地で行なわれるアート&ワインフェスティバル。 出展者はほとんど同じなのでアート目的なら一つ行けば後は同じですが、地ビールやバンドはフェスティバル毎に異なるので見逃せません。


2005年05月26日


全米から濃い~アニメオタクが集まることで知られる、Fanimeconが今年もサンノゼで開催される。 期間は5月27日から30日の4日間。 場所はサンノゼのMcEnery コンベンションセンター。 日本からもアニメ声優などのゲストが招待されている。 また、参加者が自作の衣装を着飾りアニメのキャラクターに扮する「コスプレ」もイベントの目玉の一つとなっている。

jake.jpgちょっと怖い世界です。 とくにアメリカのアニオタは危険な匂いがしますね。 大体DVDショップのアニメコーナーに行っても全部日本の作品なのに見たことあるのが一個も無い。 



今年もサンノゼのダウンタウンで屋外映画上映会が開催される。 入場は無料で椅子、ポップコーンは自分で持ち込み。 車は市の駐車場か路上駐車スペースが6時過ぎなら無料で使用できる。 6月1日の初日は家族向けに「Willie Wonka and the Chocolate Factory」、その後、毎週水曜日7時半からスタートで、8月末まで続く。 上映スケジュールは下記の通り。

June 1 "Willy Wonka and the Chocolate Factory"
June 8 "The Philadelphia Story"
June 15 "Young Frankenstein"
June 22 "Grease"
June 29 "Psycho"
July 6 "All About Eve"
July 13 "Animal House"
July 20 "Top Gun"
July 27 "The Road Warrior" and "Super Speedway"
Aug. 3 "Dirty Harry"
Aug. 10 "Moonstruck"
Aug. 17 "This Is Spinal Tap"
Aug. 24 "Breakfast at Tiffany's"
Aug. 31 "Ferris Bueller's Day Off"

場所:Where San Pedro Street between Santa Clara and St. John streets


2005年05月23日


フォスターシティのLeo Ryan Parkでは6月3日からの3日間、アートアンドワインフェスティバルが開催される。 フェスティバルでは地元ワイナリからワインや地ビールが出されるほか、食品、美術工芸品などのブースが多数出展される。 また地元ミュージシャンによるステージやパフォーマンスも多数予定されている。

Dates: June 3-June 5, 2005
Tickets: Free
Info Phone: 650- 573-7600

Times:
Carnival Hours:
Fri: 5pm–11pm
Sat: 10am–11pm
Sun: 10am–5pm

Festival Hours:
Sat: 10am–6pm
Sun: 10am–5pm


2005年05月20日


index_NRcleanupday05.gifNational River Cleanup Dayの土曜日、シリコンバレーの各所では川原の一斉ゴミ広いに協力するボランティアを募集している。 ボランティアは土曜日の午前9時から12時まででサンタクララのWater Districtではまだ参加者を募っている。 今年は特に雨が多かったため上流からながされた木片や瓦礫なども溜まっており、多くのボランティアの参加が必要とのこと。 ボランティアは各地の開催場所から、最寄の場所を選んで参加できる。

詳細はこちら
参加者は長袖、手袋、日焼け止め、飲料水などの持参が必要、ゴミ袋は支給される。



frys.jpgシリコンバレーの大手家電店Fry'sでは創業20周年を記念し、お客様感謝セールを実施する。 セールは全店舗で本日朝8時スタート。 11時から3時のランチタイムには、25セントでホットドッグとコーラが振舞われる。 目玉商品は99ドルパソコン、399ドルノートパソコン、199ドルの17"LCDなどなど。

jake.jpgフライズのスポンジボブに似たキャラクターは、Charlie Chip君というんだそうです。 なるほど、ICに手足が生えていたわけね。 


2005年05月05日


stanfordspring.jpg The Bridge Peer Counseling Centerの財源として毎年母の日の週末にスタンフォードで行なわれているアートフェスティバル。 絵画や工芸品などが屋外のブースで即売される他、無料のエンターテイメントも用意されている。 誰でも無料で入場できる。 時間は午前10時から午後6時。 金曜日から日曜日までの三日間。 場所はスタンフォード大学内、ホワイトメモリアルプラザ。
White Memorial Plaza
Stanford University , Stanford, CA 94305


2005年04月28日


wine.jpgサンタクララのワイナリが主催するスプリング・ワイン・フェスティバルがこの土曜日にCasa de Frutaカウンティパークで開催される。 フェスティバルにはサンタクララ・バレーから17のワイナリが参加。 参加非にはテイスティングのほかに、チーズはパン、ニューヨークステーキ、パスタ、ガーリックブレッド、デザートやコーヒーなどが含まれる他、お土産に記念グラスももらえる。 フェスティバルでは音楽やダンスなども企画されている。 要事前予約。

Tickets: $37.50 must be purchased by April 26, 2005.
Info Phone: 408-842-9316
Dates: April 30, 2005
Times:12-5pm
場所:Location: Casa de Fruta Country Park, 10021 Pacheco Pass Highway, Hollister CA 95023.


2005年04月26日


nikkei.jpgダウンタウンでシンコデマーヨが開催される同日、サンノゼのジャパンタウンでは日系祭りが開催される。 日系祭りでは日本食のブースや伝統工芸品の販売、踊りや歌のパフォーマンスなどが企画されている。 場所はJackson Streetの5thと6thの間。 サンノゼジャパンタウンは全米に3箇所だけ残っているジャパンタウンの一つ。 時間は9時半から4時。 参加無料。



MAYO.jpg5月1日日曜日、サンノゼダウンタウンでは毎年恒例のシンコデマーヨが開催される。 シンコ・デ・マーヨ(スペイン語で5月5日)、1862年メキシコに介入したフランスをプエブラでメキシコ軍が撃退したことを祝うもの。 サンノゼではGIフォーラムが主催者となり、1983年から毎年盛大に開催されている。 当日はパレードが午前10時から12時。 フェスティバルは10時から6時まで。 


2005年04月22日


日曜日に、Coyote Hellyer ParkのCottonwood Lakeでは5歳から15歳までの子供とその保護者を対象に無料のつり大会が開催される。 このイベントに先立ち、湖には2000匹を越えるマスが放流された。 釣り道具を持たない参加者には道具一式の貸し出しもあるほか、つり教室も開催される。 受付は午前八時から正午まで。

http://www.mercurynews.com/mld/mercurynews/news/local/11460298.htm

jake.jpgまたお気楽釣りファンにはいいシーズンがやってきました。 去年の道具を出して準備を始めると、かならず去年の生餌がそのままでてきちゃったりするんですよね。