« サンラクララ男性が84人のID泥棒、なりすまし被害54000ドル以上 | メイン | 【広告PR】KOTOBUKI-YA,INC.フルーツ便り »

2008年03月13日

編集後記:一晩4300ドルとか、ティーンの性病率とか

結局予告ニュースは全部カバーできませんでした。残りのニュースはこちら(Mercurynews.com)でどうぞ。

表題の件ですがどちらもローカルではなく、全米レベルのニュースなので本来地方版で取り上げるローカルニュースではありませんが、興味深いので掲載しました。日本語のメディアでも報道があったと思います。

ティーンの性病率26%という数字についてですが、まずティーンの定義は13歳から19歳(thirTEEN から nineTEENまで、twelveはTEENがつかないのでpre-TEEN)になっていますが、この統計の対象は14歳から19歳。感染率の最も高かったHPV(ヒトパピローマウイルス:人乳頭腫ウイルス)は女性のほとんどが生涯一度は感染する機会の多い感染症といわれ、女性の生涯感染率は80%もあるそうです。従って、ここで注目すべきは性病率よりも、性交渉の低年齢化と頻度でしょう。調査の対象となった女子の半数が性交渉の経験があると答えたそうです。性交渉が増えれば性病感染も増えるわけで、性病よりもその原因そのものを心配するべきであると思います。

ニューヨーク州知事にとっては、一晩4300ドルという値段よりも知事辞任と高くついた高級コールガールですが、この値段が高いのは女性の娼婦としての価値というよりは、著名人や政治家が安心して利用できる秘匿性とセキュリティに対する保険のようなものだったと考えられます。なにをして「高級」と呼ぶのか、どんなヒミツのサービスがあるのか、できるのかは知りませんが、恐らく、利用したことがバレてもそんなに問題はないという一般人ならもっと安い値段で同等のサービスを得ることができたのではないでしょうか。そういう意味では、この金額を払っても良いと考える、同じ組織を利用していた別の著名人たちは今頃血相を変えて証拠隠滅に帆走していることでしょう。是非とも盗聴捜査を行ったFBIは全リストを公開してほしいものです。

しかし、こういう謝罪会見で横に立たされる奥さんはツライよね。謝罪するほうとしては、奥さんのサポートがあることが重要なんだろうけど、あの顔はどうみても許してないよね。慰謝料ふんだくって離婚だな。そういえば、ヒラリーもだんなの不貞を認めてあそこまでのし上がったのか。

投稿者 Editor : 2008年03月13日 08:30



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/120