« 【EVENT】はずさない大学進学セミナー第五弾 | メイン | 数字て見るシリコンバレー:CalWorks 受給者数 »

2009年05月28日

不況の影響で、ベイエリアの高速渋滞が12%改善

CalTransが毎年発表するレポートによれば、2008年のサウスベイの高速道路の渋滞は前年度と比較して12%改善している。不況で多くの人が職を失い通勤者が減ったことが原因と見られる。その中、101南向きのFair OaksからNorth 13thの間の渋滞は逆に悪化し、夕方のラッシュ時に通過に所用する時間は19%増え、25〜30分となっている。これはベイエリア全体では7番目に渋滞の激しい箇所となっている。渋滞上位は以下の通り。

1位:West I-80からベイブリッジへ
2位:Marin Countryの101南向き
3位:East I-580のLivermore周辺
4位:サンフランシスコの101からI-80への接続
5位:コントラコスタカウンティのHwy.4南向き

投稿者 Editor : 2009年05月28日 07:05



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/1555