« 霊視能力を偽り、ガン末期の女性から50万ドル騙し取る | メイン | ハンズフリー法、2ヶ月のまとめ »

2008年08月26日

Google、非エンジニア社員への無料ディナーを中止

豪華なメニューが一日三食無料で提供されることで有名なグーグルの社員食堂だが、夕食の無料提供が中止されるという噂が先週から流れていた。噂では、グーグルは経費節減のためディナーやスナックスタンドの無料提供の中止を月曜日に社員に向けて発表するとされていた。ところが、蓋を開けてみると無料ディナーが中止されるのは、技術系では無い部門のある建物の食堂のみで、その他の複数ある食堂では今後も残業するエンジニアのために無料ディナーが提供される。

無料ランチ中止の噂の元となったのは、グーグルと食堂業者とのトラブルが原因のようだ。グーグルは設立当初から一流シェフを雇い、自社で食堂を運営してきたが、最近になり多くの社員食堂を手がけるボナペティに運営を委託した。委託後は非グーグル社員となった食堂従業員とグーグルの間で社内施設の利用規定などの細かいトラブルが続き、最近になり料理長がFacebookに引き抜かれたこともあり、人手不足を理由にボナペティから追加の支払いなどを要求されていた。そこへきて、昨年あらたに買収した新社屋にも社員食堂を建設するために、食堂運営の予算が大幅に不足していたという。ちなみに、グーグルが社員一人当たりに使う年間の食費は7500ドルと言われている。


ボナペティというと、他にはAdobeeBayに入っている業者で、この辺の食堂業者大手3社(ボナペティ、グッケンハイマー、アラマーク)の中では一番高級とされています。
年間7500ドルといわれると、グーグルのエンジニアが受け取っている平均給与の5%くらいですか。よく、グーグルの無料ランチを羨ましがる人がいますが、無料ランチのない会社で、「年収7500ドルアップと、無料食堂とどちらを取るか」と社員にアンケートしたら、年収アップが選ばれそうな気がしませんか?
グーグル社員が入社後に平均30パウンド太ることを、Google30というそうです。

投稿者 Editor : 2008年08月26日 07:47



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://chihouban.com/blog-mt/mt-tb.fcgi/758

コメント

ランチしか食べないぼくの場合、たとえば外に食べに行って $15/日だとしたら $75/週ってことですから、たとえば 50 週/年ほど働くとして $3,750/年ってことになりますね。$7,500 アップとはいっても手取りでは $4,000~$5,000 ってところでしょうから、外に行く手間を考えると微妙なラインですね。朝や晩も食べる人にとっては無料の社食の方がだいぶ得かな。

まあ、無料じゃなかったら弁当を持って行くので、アップした分はすべて老婆のお小遣いになりますし、そっちの方がぼくはいいかもw

投稿者 N

職場の机でコンビニのパンを囓ってる日本のIT技術者には無縁の話ですね。

とても同じIT技術者とは思えません。

投稿者 Anonymous

なるほど、実際に計算してみるとそんなもんですか。ということは、平均7500ドルというのはかなり引っ張りあげている人がいるのか。ま、食堂運営費とか人件費とか全部含まれるのかもしれません。

投稿者 編集長